トヨタ「カムリ」一部仕様変更と40周年記念特別仕様車を発売

トヨタは2020年8月5日、カムリを一部改良すると同時に、セリカ カムリが誕生してから40周年を記念した特別仕様車「WS“Black Edition”」を設定し、発売しました。

カムリ WS レザーパッケージ

仕様変更

今回の仕様変更は、駐車場などでのペダルの踏み間違いやアクセルの踏み過ぎなどで起こる衝突被害の軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]を、従来はオプション設定だったXグレードに標準設定することで全車標準装備化とされています。

またドライバーの死角をサポートするブラインドスポットモニター<BSM>、リヤクロストラフィックオートブレーキ[パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)]の標準設定をWS、Gグレードに拡大し、安全面を強化しています。

40周年記念特別仕様車

国内専用モデルの「セリカ カムリ」として1980年に登場したカムリは、1982年に車名を「カムリ」と改め世界戦略車となった歴史を持っています。

今回の特別仕様車は、40周年を記念したモデルで、上質でスポーティなテイストでまとめられています。

40周年記念の特別仕様車「WS“Black Edition”」

ベースはWSグレードで、特別設定としてボディ色プレシャスブラックパールに、パーフォレーション加工をしたレッドの本革シートを設定。


その他ブラック塗装の18インチアルミホイール、スモーク調のフロントロワグリルモールディング、スモークエクステンション加飾のヘッドランプ、リヤコンビネーションランプを特別装備しています。

インテリアはフロント席にシートヒーターを採用し、助手席にもパワーシートを設定しています。

価格

40周年記念特別仕様車 価格

トヨタ カムリ 関連記事
トヨタ 関連記事
トヨタ公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る