トヨタbZ4X試乗記 駆動力がエンジンからモーターになった新型SUV?!

トヨタのバッテリーEV「bZ4X」に試乗することができた。トヨタはご存じのように全方位対応のクルマづくりを行なっているが、100%電気駆動のbZ4Xを2022年年央の発売を目指して開発が進められている。

試乗はもちろんプロトタイプでクローズドの袖ヶ浦フォレストレースウェイで行なわれたが、開発者からは「開発の途中でありNVHがまだ不十分のため、今回は評価対象から除外してほしい」という話もあった。それほどホットな状況であり、通常我々が試乗できるプロトタイプは最終試作車であり、ほぼ、そのまま発売される最終型であることが多い。しかし、今回はまだ改良が続けられている段階ということだった。

そして、ご存じのようにbZ4XはSUBARUとの共同開発で、プラットフォームはe-TNGAを新規開発している。が、SUBARUではe-SGPとしている。このe-TNGAとe-SGPはそれぞれで開発したものか?聞いたところ「同じ骨格です」という回答だった。

今回の共同開発はGR86とBRZの共同開発とは異なる体制で行なっているという。GR86&BRZは開発領域を2社で役割分担して開発したもので、いわば「協業」だった。今回のbZ4Xは、開発室ではだれがトヨタのスタッフで誰がSUBARUのエンジニアなのか分からない状態で「仲良く喧嘩しながら開発した」という。それほど意見を交わしながら、一緒に開発をしたわけで、まさに「共同」開発ということだ。

とはいえ2社のクルマへのこだわりはあるわけで、多少の違いは存在するという。ただしGR86&BRZのように使う部品が異なったりはしないレベルということだ。

そうしたことも踏まえ、今回は走行性能のアウトラインについてお伝えしよう。

バッテリーは71.4kWhの総電力量で、リチウムイオン電池をフロアに搭載。駆動方式はFWDとAWDが用意され、FWDはフロントに150kWのモーター、AWDはフロントに80kW、リヤに80kWの駆動モーターを搭載した2モーター式になっている。

また注目のステアバイワイヤーはまだ開発途中であり、今回の試乗車にはなかった。そしてSUBARUのSOLTERRAには、このステアバイワイヤーは採用しないということだ。またAWDに関してはSUBARUのX-MODEとGrip Controlを搭載。これらの機能については、いずれ実力をテストする機会はあると思うので、その時にお伝えしたい。

ボディサイズは全長4690mm、全幅1860mm、全高1600mm、ホイールベース2850mmでCセグメントサイズ。RAV4との比較でスペックが公表されている。他にも公表されているデータが出始めてきているので、徐々に掲載していく予定だ。

さて、サーキット走行でのbZ4Xだがecoとノーマルのドライブモードが2つあり、SOLTERRAではこれにPOWERがあるということだ。またワンペダル走行が可能なモードも設定されていた。

走り出しからパワフルなEVらしい加速が得られ、高速での合流を想定した中間加速ではアクセルレスポンスがよく不安なく合流できることが容易に想像できる。トップスピードは驚くほどの速度ではなく、袖ヶ浦フォレストレースウェイでは最終コーナーが規制されており、出口を立ち上がってからのフル加速でストレートエンドでは120km/h~130km/h程度だった。しかしながら、実用領域でのレスポンス、加速の力強さが印象に残る。

タイヤは18インチと20インチサイズの2タイプがあり235/60-18、235/50-20というサイズを装着していた。

気になるポイントとしてはFFとAWDで走行フィールに違いがあることだ。AWDはリヤ駆動モーターがあるためリヤの接地感が高くスタビリティの良さが感じられる。一方でFWDの前輪駆動タイプはリヤの接地感が薄く、フロントで走っているイメージが強い。

これはGR86&BRZでの違いでも感じたことだが、トヨタの味付けなのかもしれない。まだSUBARUのSOLTERRAに試乗できていないため、同様のフィーリングなのか不明だが、個人的にはリヤの踏ん張り感やどっしり感はもう少し高い方が好みだった。

この辺りをエンジニアに聞くと、こうしたサーキット走行になるとどうしてもAWDのリヤ駆動モーターの影響があり、シッカリ感に差があることは承知しているという。ある意味限界付近での違いになるため実用領域ではこうした差は感じないかもしれないというわけだ。

走行後に全体を眺めてみると、これまでのSUVと大きく変わらないという印象をもち、ICEの代わりにモーターを搭載した新型という印象だった。このあたりを開発陣は「従来のクルマからの乗り換えがスムースに行なえ、違和感なくEVへシフトできるようにするため」と説明している。

EVになるとラジエターがなかったりバッテリーを床下に搭載したりと、これまでとは異なるクルマづくりになるわけで、ボンネットを極端に短くとか、ホイールベースを超ロングにするなど、ICEでは不可能だったことができる可能性が広がる。だが、マーケットがついてこないという懸念が一方ではあるわけだ。

先日、国内に再上陸したヒョンデのIONIQ5はガチライバルになるわけで、果たしてグローバル展開するbZ4Xは欧州でも北米でも人気になれるのだろうか。

ということで、まだまだお伝えすることはたくさん残っているが、ひとまずサーキットでのファーストインプレッションとしてお伝えしておく。<レポート:高橋アキラ/Takahashi Akira>


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る