トヨタ 北米でのバッテリー調達をLGエナジーソリューションと供給契約し、メインの供給先となる

トヨタの北米事業法人「Toyota Motor North America」と韓国のLGエナジーソリューションは2023年10月5日、アメリカで生産するトヨタのEVに搭載するリチウムイオン・バッテリーの供給契約を締結したと発表した。

この契約により、LGは同社のミシガン工場に約4兆ウォン(約30億ドル)を新規投資し、2025年にトヨタ専用の電池セルとモジュール生産ラインを新設・稼働を開始、年間20GWhの供給を予定している。

このLG製のバッテリーは当面、Toyota Motor Manufacturing Kentucky(ケンタッキー工場:TMMK)で2025年から生産開始予定のEVの新型車となる3列シートSUVに電池パックとして搭載されるほか、今後、北米で拡大が見込まれるEVラインナップにも、搭載される予定となっている。

LGエナジーソリューションのクォン・ヨンスCEO
「世界で最も売れている自動車メーカーであるトヨタを新たな顧客として迎えることができ、大変うれしく思います。リチウムイオン電池における30年の経験を生かし、弊社のニッケル・マンガン・コバルト・アルミ電池を供給し、トヨタのEV展開をサポートします。また、今回の合意は、弊社の北米における生産能力をさらに強化するための新たな大きな機会でもあり、それによって、北米における電動化に向けた現実的で大規模な進展をもたらすことになります」と述べている。

LGエナジーソリューションは現在、世界の自動車メーカー上位5社すべてにリチウムイオン・バッテリーを供給しており、今回の契約は、同社がEV用のバッテリー生産会社の合弁契約を除き、単一供給契約としては最大規模となる。

なお、LGエナジーソリューションはGMと合弁でアルティウム・バッテリーを生産しており、ホンダもこれを搭載する。LG社は北米で現在8か所の電池製造施設を稼働中または建設中であり、同地域での生産ネットワークとサプライチェーンの両方を拡大し続けており、アメリカにおいては最大のリチウムイオン・バッテリー供給メーカーとなっている。

トヨタは、2022年9月に豊田通商と合弁でアメリカ・ノースカロライナにToyota Battery Manufacturing, North Carolinaを設立し、自社で車載用バッテリーの生産を計画しているが、今回の契約提携でLG製がメインになることが確定した。

トヨタは2030年までに、トヨタ・レクサスの両ブランドで30車種のEVをグローバルに展開することを発表しており、今回の契約は、年間350万台のEVを生産するトヨタのEV戦略の柱の一つとなる契約ということができる。

LGエナジーソリューション 公式サイト

トヨタ 関連記事
トヨタ 公式サイト

自動車技術会
ページのトップに戻る