トヨタ「KINTO Unlimited」発表 納車後もアップグレードする新たなサブスク

トヨタとKINTOは2022年12月7日、新しいクルマのサブスクリプションサービスとして、「KINTO Unlimited」を新たに立ち上げ、今冬発売する新型プリウスの一部グレードで提供を開始すると発表した。

「KINTO Unlimited」は、KINTOが提供するサブスクリプションサービスをベースに、新たに、クルマを引き渡した後の「進化(アップグレード)」と「見守り(コネクテッド・サービス)」を通じてクルマの価値を維持し、その分をサブスクの月額利用料の引き下げにあらかじめ充てることで、サービス利用者がよりリーズナブルに利用できるというもの。

KINTO Unlimitedの詳細:https://kinto-jp.com/lp/prius/

「KINTO Unlimited」は、サービスの契約から利用を終えて車両を返却するまでの期間に通常下がっていくクルマの価値を維持する独自の仕組みを構築している。この仕組みを基盤とし、価値を維持する分を、サブスクの月額利用料の引き下げにあらかじめ充当することで、利用者がリーズナブルな支払額としているのが特徴だ。

具体的には、OTA(Over The Air)を通じたソフトウェアの更新、契約したクルマにあらかじめ施す「アップグレードレディ設計」(トヨタ初)を通じて、利用者のニーズに合わせたハードウェアの装備や機能の後付けを可能にしていく。

アップグレードレディ設計によるパーツの後付け

アップグレードレディ設計により、配線の調整やセンサーの取り付けなど、アップグレードに必要な作業の大部分をクルマにあらかじめ織り込んでおくことで、実際に行う作業を簡素化させ、作業にかかる時間を大幅に短縮し工賃を低減することを目指している。

なおハードウェアのアップグレードの提供開始は2023年の年央からの予定。まずは、ブラインドスポットモニターやパノラミックビューモニター、ステアリングヒーターなどをラインアップし、今後、登場する装備や機能もその都度、後付けできるようにアイテムの拡充を進めて行くとしている。

なお、費用の支払いは、アイテムごとに、「一括」もしくは、手軽に利用できるように、「サブスクの月額利用料への加算」の2つの方法から選択できる。

コネクテッドによる運転診断&アドバイス

コネクテッド・サービスは、「T-Connect」を通じて、アクセルやブレーキの踏み方などの基本的な挙動に加え、ハンドル操作やウィンカーを出すタイミングなど、細部にわたる利用者の運転データを収集・分析することで、一人ひとりの安全な運転や燃費の向上につながるポイントを、専用のアプリを通じてアドバイスするシステムだ。なお、当面、実証実験と位置づけるため、費用の追加負担はない。将来的にはサブスクの月額利用料に含める方針だとしている。

使用条件に合わせたエンジンオイル交換の告知

さらにコネクティッドカーケアも使用できる。通常、定期的に交換するエンジンオイルの劣化の度合いが、走行距離や運転の仕方、外部環境などにより異なる点に着目し、利用者の運転データをもとにオイルの状態を把握する独自の技術を開発した。これにもとづき、従来、一定の期間や距離により実施していたエンジンオイルの交換を、専用のアプリやディスプレイオーディオなどを通じて、クルマごとの「使用状況」に合わせたタイミングで告知するようになっている。なおオイルの交換費用はサブスクの月額利用料に含まれるため、追加費用は不要。

なお、「アップグレード」と「コネクティッド」の提供開始に向けて、2023年2月を目途に「KINTO Unlimited」専用のアプリが公開されることになっている。

これら新サービスは、今冬発売する新型プリウスの一部グレードより開始し、実際に利用者の反響などを踏まえて、他車種にも積極的に拡大していくとしている。

KINTO 関連記事
KINTO 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る