トヨタとJERA 使用済電動車用バッテリーを蓄電池として利用開始

トヨタとJERAは2022年10月27日、リユースした電動車(HEV、PHEV、BEV、FCEV)の駆動用バッテリーを活用し、世界初となる大容量スイープ蓄電システムを構築し、同日から電力系統網への接続を含めた運転を開始したと発表した。

カーボンニュートラルの実現に欠かせないCO2排出量の削減に向けて、蓄電池は再生可能エネルギーの導入拡大に必要な調整力として、今後需要が拡大していくことが見込まれている。加えて電池の材料となるコバルトやリチウムなど資源の埋蔵量に限りがあるため、使用済の電動車用バッテリーを回収し、蓄電池として有効に活用するなど地球環境に配慮した取り組みも求められている。

JERAとトヨタは、このような状況に対して、2018年から電動車の車載電池のリユース技術の確立に向けて検討を重ね、今回の大容量スイープ蓄電システムによる系統への接続が可能になった。

トヨタが開発した大容量スイープ蓄電システムは、性能、容量の差が大きい使用済みの車載電池を扱うことが可能となるスイープ機能を搭載し、電池の劣化状態を問わず、かつ異種電池が混合した状態でも容量を使い切ることを可能にしている。スイープ機能とは、直列に繋いだ各電池の通電と非通電(バイパス)をマイクロ秒で切り替えることで、充放電量を任意に制御するデバイスで、豊田中央研究所が開発した。

さらにスイープ機能を応用することで電池からの交流の直接出力、または車載用インバーターをリユースすることで、パワーコンディショナー(PCS)を省略し、コストダウンが可能になり、PCSによる交流から直流に変換する際の電力損失を抑えることでエネルギーの利用効率向上を図っている。

JERA四日市火力発電所

この事業では、JERA四日市火力発電所で、以下のような設備を中部電力パワーグリッドの配電系統に接続して、系統用蓄電池としての充放電運転を行なっていく予定だ。JERAとトヨタは2020年代半ばに供給電力量約10万kWhの導入を目指しており、蓄電システム全体のコストダウンに加え、CO2排出量の低減にも寄与することになる。

・設備の概要
所在地:三重県四日市市三郎町1番地(四日市火力発電所構内)
規模:485kW/1260kWh
種別:リチウムイオン電池、ニッケル水素電池、鉛蓄電池

JERAは電動車用リチウムイオン電池の低環境負荷型リサイクル・プロセスの開発に取り組んでおり、トヨタは、これまでの電池リサイクルの取り組みで培ったノウハウや知見を活かしながら、JERAの低環境負荷型リサイクル・プロセスの開発を支援していく予定としている。

JERA 公式サイト

トヨタ 関連記事
トヨタ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る