トヨタ BYDと共同開発したEV「bZ3」を中国で発表

トヨタは2022年10月24日、EV「bZ」シリーズの第2弾となる中国市場向けの「bZ3」を発表した。「bZ3」は、トヨタと比亜迪(BYD)が合弁で設立したBYD TOYOTA EV TECHNOLOGY カンパニー(BTET)と一汽トヨタが共同開発したセダンタイプのEVで、一汽トヨタで生産・販売される。

世界最大のEV市場である中国で、EV攻勢を行なうために、「bZ3」はトヨタとBYDが合弁で設立した電動車技術会社「BTET」と「一汽トヨタ」の3社連携で開発された。トヨタのデザイン、生産、技術、品質管理などの分野から100名以上のエンジニアが参画し、BYDや一汽トヨタのエンジニアと一体になった開発体制の下で開発されている。

「bZ3」に搭載されている電動システムは、BYD製のリチウムイオンLFP電池(リン酸鉄リチウムを使用)をベースに、トヨタの電動化技術と経験を融合して、電池構造、冷却システム、制御システムと安全監視システムを新たに設計し、高品質、高効率なEVモデルしている。最長航続距離は中国燃費規準で600km超えているという。

「bZ3」はe-TNGAによる、低重心、優れた操縦安定性を活用し、意のままの気持ち良い走りを実現した。ドライビングポジションはドライバーの負担が少ない姿勢とし、遠距離運転時のの疲労軽減。「走る」「止まる」「曲がる」という走りの特性はドライバーにも同乗者にも、気持ち良い乗り心地を実現しているという。

デザインは、車両のフロント部にbZシリーズの特徴であるハンマーヘッド形状を採用し、EV専用パッケージによるロングホイールベース、ファストバックのロングキャビンを組み合わせた伸びやかなサイドシルエットとしている。

またソリッドな力強さと抑揚豊かな断面の変化が一体となった全体の造形により、リニアなスピード感と流麗なエレガントさを表現。バンパーのコーナー部分には風の流れを考えたエアガイドとエアカーテンを強調し、フラットなドアハンドルを採用したほか、アルミホイール、リヤバンパー周りは空気抵抗を減らす形状とすることで、Cd値0.218という、優れた空力性能を実現した。

インテリアは、縦型の大型センターディスプレイを採用。それを取り囲むようにトレイ型のコンソールを一体化させており「デジタルアイランド」と名付けている。ワイヤレス充電の他、スマートフォンとマルチメディアとも連携している。また、エアコン、音楽、トランク操作等の操作機能は大型ディスプレイに集約し、音声認識機能の採用により利便性と先進性を大幅に進化させている。

トヨタ 関連記事
トヨタ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る