第33回「クラシックカー・フェスティバル」10月9日(日)に愛・地球博記念公園で開催

トヨタ博物館は2022年9月9日、第33回「クラシックカー・フェスティバル」を10月9日(日曜日)に愛知県の愛・地球博記念公園(モリコロパーク)で開催すると発表した。

今回は「モータースポーツ」をテーマとし、トヨタ博物館から愛・地球博記念公園まで、一般参加車両100台が長久手市内を走行する。日米欧の自動車の歴史100年にわたる車列クラシックカーのパレードで、長久手市内を拠点にラリーで活躍する勝田照夫さん、勝田範彦さん親子が先導するラリーカーに続き、希少なクラシックカーの車列が通ることになる。

会場では、パレード参加車両の展示に加えて、勝田氏や関係者のトークショーを開催し、世界ラリー選手権の魅力や11月10日から開催される全日本ラリー選手権・最終戦Rd.13の見どころについてトークを繰り広げる。また、今年は3年ぶりにトヨタ博物館から展示車両も出展され、トヨタ7ターボも展示され、実際にエンジンを始動する。その他にレストア紹介、GRヘリテージパーツ関連の展示、交通安全啓発などを予定されている。

またイベントの様子は、後日、トヨタ博物館公式YouTubeチャンネル、ケーブルテレビ局「ひまわりテレビ(ひまわり11)」で配信される。

・開催概要
日程:10月 9日(日曜日)入場無料、雨天決行
時間:9:30〜16:00
場所:愛・地球博記念公園(モリコロパーク)愛知県長久手市茨ケ廻間乙1533 臨時駐車場(300台・無料)

トヨタ博物館 関連記事
トヨタ博物館 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る