トヨタ「KINTO」中古車のサブスクスタート!高品質車をリーズナブルに

トヨタ KINTOは2022年7月27日、既存の新車のKINTOサブスクリプション・サービスで使用され、返却されたクルマを活用し、新たに中古車のサブスクリプションサービスを東京から開始すると発表した。なお、今後エリアの拡大を図って行くとしている。

今回のサービスは、トヨタ正規販売店によるメンテナンスを行なった高品質の中古車をラインアップし、新車よりリーズナブルな月額利用料と、中途解約にかかる解約金の支払いを不要にするフレキシブルなプランを展開する。

契約期間を2年に設定し、月額の約6か月分に相当する申込金を契約の際に支払うことでことで、中途解約にかかる解約金の支払いを不要にすることができるようになっているのも特長だ。

なお、車種は現時点ではルーミー、ヤリス、ライズなど約10車種のラインアップだ(レクサス、GRモデルは除く)。今後、新車のサブスクリプションサービスで取扱っている車種を、順次ラインアップに追加していく予定としている。

KINTO申し込み専用WEBサイト:https://up.kinto-jp.com/?utm_source=note&utm_medium=social&utm_campaign=brand&utm_content=20220727

KINTO 関連記事
KINTO 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る