トヨタ「KINTO FACTORY」でユーザーの運転に合わせたアップデートを提案

トヨタとKINTOは2022年7月7日、ユーザー一人ひとりの運転をオンラインで診断し、その結果に応じて「KINTO FACTORY」サービスを通じ、クルマを進化させるメニューを提案する新たな取り組みを発表した。

トヨタとKINTOは、今年1月からユーザーのクルマに、技術アップデートや経年劣化に合わせてソフトウェア・ハードウェアの機能やアイテムをタイムリーに反映することで、最新の状態に更新するサービス「KINTO FACTORY」を開始しているが、今回の取り組みはその第2弾となる。

つまり、アップデートはすべてのユーザーに一律ではなく、一人ひとりに合わせて最適なアップデートができるように、現在乗っているクルマのデータをもとに運転の特徴や個性をオンラインで診断し、その結果に応じて、「KINTO FACTORY」のアップデート・メニューをユーザーごとに提案しようというものだ。

まず最初の取り組みとして、7月8日からアルファード/ヴェルファイアのユーザーを対象に実証を開始する。具体的には、アルファード/ヴェルファイアのユーザーに協力してもらい、コネクティッドサービス「T-Connect」を通じて、アクセルやブレーキ、ステアリングの操作やそれにかかる時間など、過去の運転のデータを収集し、特徴や個性を数値化。そのうえで、現状の運転に対する評価とアドバイスをまとめた診断結果「ドライブチェックレポート」をオンラインでユーザーに届け、その結果に応じて、アップデートのメニューが提案されるという仕組みだ。

トヨタとKINTOは、この実証の開始に合わせて、協力するユーザーの募集をオンラインで開始する。

【募集要項】
・予定ユーザー数:100人
・募集期間:7月8日正午から2か月間(定員に達し次第終了)
・応募条件:2020年1月以降に販売されたアルファード/ヴェルファイアのハイブリッド車に乗り、「T-Connect」に加入していること。

応募申し込みWEBサイト:https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdh1S1fG5dGzL27jKOBCiAjyrrvt4GF7qj8jsmvXtot8Ez8TQ/closedform

なお、申し込みには、氏名、メールアドレス、居住地域、車台番号などを記入。協力をお願いするユーザーには、申込みから10日以内に「ドライブチェックレポート」を送付。「ドライブチェックレポート」を受け取った後、所定のアンケートへの回答すると、Amazonギフト券・5000円分が贈呈される。

募集概要に関する問い合わせ先:トヨタ自動車株式会社 BR新モビリティビジネス準備室 ドライブチェックモニター事務局
EMail :xn_drivecheck@mail.toyota.co.jp

KINTO FACTRY 専用サイト:https://factory.kinto-jp.com/

トヨタ 関連記事
トヨタ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る