トヨタとKINTO 既販車のアップデート「KINTO FACTRY」が始動

トヨタとKINTOは2021年12月21日、ユーザーがすでに購入したクルマに対して、ソフトウェア/ハードウェアの機能やアイテムをタイムリーに反映することで、オーナーのクルマを最新の状態に進化させるアップデートの取り組みを開始すると発表した。

こうした進化は、クルマの基本性能を向上させる「アップグレード」、古くなったアイテムを新品に交換する「リフォーム」、さらに、オーナーが運転する際のデータをもとに一人ひとりに合わせてクルマの設定を最適化する「パーソナライズ」の三つの方法により実現を目指している。

そして第一歩として、2022年1月下旬に、該当の車種を購入されているユーザーを対象に、「アップグレード」と「リフォーム」の一部のメニューを購入できる新サービス「KINTO FACTORY」を立ち上げることになっている。

KINTOは、トヨタ、レクサスの新車サブスクリプション(定額月払い)を担当する子会社だが、これまでのサブスクリプション事業に加え、新たにトヨタ車、レクサス車の車両ソフトウェア+ハードウェアのアップデート、リフォームなどの事業を担当するプラットフォームの役割も開始することになったのだ。

このため、新たに新サービス「KINTO FACTORY」を立ち上げ、まずは車種や施工を対応する店舗を絞り、「アップグレード」と「リフォーム」の一部のメニューを実行できるようにする。車種や施工店舗は、今後、ユーザーの利用状況などを踏まえながら、順次拡大させていき、「パーソナライズ」については、将来的な提供を目指して準備を進めていくとしている。

ただ、他の自動車メーカーも含め、将来的には車両のソフトウエアは車載通信機を介して無線通信によるアップデート/アップグレード、つまりOTA(Over The Air)が主流になると予想されており、今回のトヨタ、KINTOの取り組みの将来性は、「リフォーム」や「パーソナライズ」がメインとなると予想される。

トヨタ KINTO 関連記事
KINTO 公式サイト

トヨタ 関連記事
トヨタ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る