トヨタ「KINTO」WEBサイトで「モビリティマーケット」をオープン

トヨタ車のカーサブスクリプション(定額月払い)を担当する「KINTO」が、2021年4月8日、新しい移動のよろこびを発見できるWEBサイト「モビリティマーケット」オープンし、17つのプログラム提供を開始しました。

「モビリティマーケット」は、KINTOが提供するMaaS的な展開が期待されている新たな取り組です。移動の楽しさ・安心・快適につながるプログラムをラインアップし、日本国内に在住・滞在の人なら誰でも利用することが可能。また、クルマのサブスク「KINTO ONE」のトヨタ車契約者には3万円相当、レクサス車契約者には5万円相当、「KINTO FLEX」の契約者には6万円相当のモビリティマーケットで使えるポイントが贈呈されます。

「モビリティマーケット」の、現時点のプログラムは、農家でスローライフに浸る一日や、山伏装束で寺院に参り精進料理を食すタイムトラベル、道中も自由な場所で好きな景色を眺めながら車内食や団欒が楽しめるキャンピングカー、そしてクルマでのプライベートなドライブを、より安心にするレッスンやクリーニング、4輪駆動車でのオフロード走行などをラインアップしています。

参考記事:KINTOがMaaS「モビリティマーケット」を4月にオープン

モビリティマーケットはこれからの顧客のニーズをとらえ、様々な業界の企業と連携して移動による楽しさが実感できるプログラムを展開していく予定です。今後は日本の陸上をクルマで移動することにとどまらず、海外にも多様なモビリティにも適合するサービスに拡大させて行く計画です。

今回のサービス開始に併せて、「モビリティマーケット・オープン記念キャンペーン」が開催されます。このキャンペーンではその第1弾「SDGs未来都市 志摩満喫の旅」、5月からは第2弾「キャンピングカーで出会う新しい旅」がプレゼントされます。

オープン記念キャンペーン第1弾「SDGs未来都市 志摩満喫の旅プレゼント」

第1弾キャンペーンは近畿日本ツーリスト中部と提携して開催されます。三重県志摩市は歴史的な食文化を未来につないでいく取り組みにより、SDGs未来都市に選定されています。

SDGs目標14「海の豊かさを守ろう」の達成のため人と自然が上手に付き合い、未来においても継続して限りある海の資源を利用し続けるという志摩市の「持続可能な漁業の取り組み」を実際に体感できるモビリティマーケットならではのプログラムです。地場の食材を使った食事や貝殻を使った手作り体験、そして伊勢志摩をクルマで巡り自然そのものも楽しめる1泊2日の旅です。

・応募期間 2021年4月8日(木)~5月7日(金)13:29
・応募方法
STEP1.「モビリティマーケット」LINE公式アカウントを友だちに追加
STEP2.トークルームのキャンペーンバナーをタップ
STEP3.トークルームの表示に沿って「応募する」をタップで応募完了
・日程
以下の中で好きな日程(1泊2日)
2021年6月1日(火)~7月17日(土)
2021年9月1日(水)~9月17日(金)
2021年9月20日(月)~30日(木)
2021年11月1日(月)~12月25日(土)
・宿泊地
都リゾート奥志摩アクアフォレスト(三重県志摩市大王町船越3238-1)
・当選者数 10組(1組あたり最大4名)

応募条件や詳細
キャンペーンサイト

KINTO 関連記事
KINTO 公式サイト

トヨタ 関連記事
トヨタ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る