トヨタ KINTOがMaaS「モビリティマーケット」を4月にオープン

トヨタ車のサブスクリプション サービス(車両費用+諸費用込みの定額払いシステム)を展開しているKINTOが、次のステップとしてMaaSの核心である「モビリティ サービス」のプラットフォームを提供することになりました。

モビリティカンパニーのトップランナーを目指し、次のモビリティサービスを提案するため、国内外の企業と提携し、多様なモビリティサービスを提供するオンラインプラットフォーム「モビリティマーケット」(モビマ)を2021年4月に立ち上げます。

コロナ禍で人々の移動が制限される中で、「どこかに行く」という人々のニーズに応えるため、近い将来、移動が自由になる時に向けて、「移動のよろこび」を感じることができるサービスを提供するということです。

このオンラインプラットフォーム「モビリティマーケット」には、様々なクルマを使った移動や楽しみ、あるいはクルマに限定しない移動なども含め、いろいろな旅行プランや体験などのメニューが提供できる事業者が出店することになっています。利用者は、そのメニューを選んで申し込みを行なうシステムとなっています。

そしてこのプラットフォームはKINTO契約者に限定せず、誰でも申し込みが可能なオープンシステムとなっているのも特長です。つまりKINTOは、サブスクリプション事業以外に、移動に関するサービスを提供するプラットフォームを目指しているのです。

現在までのところ、各事業者が提供する企画は、5つのカテゴリーに基づいてサービスを提供します。
【新しい生活の扉を開こう】
キャンピングカーを利用したワーケーションや、シェアサイクルで巡る旅、ドライブインシアターなど、ニューノーマル時代の新たな移動体験のサービスです。
【心躍るスペシャルな体験を】
海外でのKINTOブランドのカーシェア利用や、モータースポーツの観戦・体験、クルマでしか行けないようなローカルでの食事と体験など、クルマを使った非日常体験を提供します。
【クルマ時間をとことん楽しもう】
カーコーティング、レジャー時の駐車場予約、クルマの中で流す音楽やカメラなど快適なクルマ内での時間を演出するサービスを提供します。
【もっと気持ちよく、軽やかに】
クルマ・電車・バス・船をはじめ複数の移動手段を組合わせたMaaSや、リムジンによる自宅から空港への送迎など、ストレスフリーな移動サービスを提供します。
【やさしく移動を応援】
ドライビングレッスンや、移動する日をピンポイントでカバーする保険、クルマの中の除菌サービスなど安心安全をサポートするサービスです。

なおこのプラットフォームに出店する事業者は現時点で約20社ですが、今後も参加事業者、企業を順次拡大させて行くことになっています。

こうしたサービスに利用申し込みをする「KINTO ONE」の契約者には3万円相当、「KINTO FLEX」の契約者には6万円相当の優待や特典が付与されます。

現時点で決定している出店事業者とサービスは以下です。

KINTO 関連記事
KINTO 公式サイト

トヨタ 関連記事
トヨタ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る