スズキ コンパクト ハイトワゴン 新型「ソリオ/ソリオ バンディット」デビュー

スズキは2020年11月25日、5年振りのフルモデルチェンジしたAセグメントのコンパクト ハイトワゴン「ソリオ/ソリオ バンディット」をオンラインで発表し、12月4日から発売を開始します。

鈴木俊宏社長と新型ソリオ

モデル概要

Aセグメント サイズ、両側スライドドアのコンパクト ハイトワゴンの「ソリオ/ソリオ バンディット」は、このセグメントのパイオニアであり、スズキの小型車販売の中心車種となっています。

今回のモデルチェンジでは、取り回しの良さは維持しつつ、ボディサイズを拡大することでより広い居住空間とラゲッジスペースを拡大させ、さらに先進安全装備などを充実させるなど、全方位で機能、快適性を高めています。

ボディサイズは、全長を80mm(ソリオ バンディットは70mm)延長し、ラゲッジスペースの床面長を100mm延長したことで、大きな荷室と広く使える室内空間の両立を実現。そして内装部品の形状を見直すことで、後席左右乗員の肩回りスペースを広げ、後席3人乗車時の快適性を向上させています。また全長を拡大しながらも最小回転半径は従来からの4.8mのままで、市街地などでの小回り性能を維持しています。

ボディでは、ルーフパネルとルーフメンバーの接合部に高減衰マスチックシーラーを採用し、こもり音や雨音を低減。さらにボディの各部に構造用接着剤を採用し、操縦安定性、乗り心地、静粛性を向上させています。

またロードノイズを抑制するため、リヤのインナーフェンダーライニングを全面的に採用し、静かで会話のしやすい室内空間としています。

この他にリヤ サスペンションのストロークを拡大し、コイルスプリングを見直すなどにより、後席の乗り心地を高めています。

搭載するエンジンは1.2LのK12C型4気筒マルチェジェット エンジンで、91ps/118Nmを発生。このエンジンに3.1ps/50NmのISG、リチウムイオン バッテリーを組み合わせたマイルドハイブリッドシステム(ソリオGを除く)としています。

そのため、加速時にはISGが駆動アシストを行ない、ブレーキを踏んで減速すると13km/h以下でエンジンがストップし、ISGが減速回生を行なうようになっています。

燃費は、WLTCモードで17.8km/L~19.6km/Lとなっています。

デザイン

ソリオのエクステリアデザインは、ダイナミックで伸びやかなフォルムを追求。ボンネット先端をより高くし、厚みを増した存在感のあるフロントマスクとしています。サイドビューでは、ボディサイズの拡大を活かしたダイナミックで伸びやかなフォルムとなっています。

ソリオ ハイブリッド MZ
ソリオ ハイブリッド MX

ボディカラーは新色のメロウディープレッドパール、新設定のフレイムオレンジパールメタリックを全グレードに採用し、全8色をラインアップ。

ソリオ ハイブリッド MZのインスツルメントパネル

ソリオのインテリアは、シックで落ち着きのあるリビングのような心地よさを追求しています。インスツルメントパネルはネイビーとホワイトを基調としたデザインで、洗練された色使いに。またドアトリムは立体的な造形と表面処理が特長です。

ソリオ ハイブリッドMZのシート

シートは、光沢のあるライン柄とグレーミックス表皮を組み合わせ、リビングにあるシックなソファを思わせる仕上げになっています。

ソリオ バンディット ハイブリッドMV

ソリオ バンディットは上質で、より個性あるスタイルとし強い存在感を表現しています。フロントマスクは、ポジションランプとヘッドランプを二段構えに配置した独創的なヘッドランプを採用。グリルも立体感のあるデザインにしています。

ボディカラーは、は新色のグリッターバイオレットパールとメロウディープレッドパール、フレイムオレンジパールメタリックを新設定。またフレイムオレンジパールメタリック、新色メロウディープレッドパール、スピーディーブルーメタリック、プレミアムシルバーメタリックにブラック2トーンルーフ仕様を設定し、全7色、11パターンをラインアップしています。

ソリオ バンディットのインスツルメントパネル

ソリオ バンディットのインテリアは、大人のこだわりを感じる空間を目指してデザインされています。

ソリオ バンディットのシート

インテリアのカラーは、ボルドーとブラックを基調としたデザインとし、上質感を表現。シートは立体感のあるブラックとボルドー柄で深みを表現し、アクセントに鈍く輝くメタルのような表皮を採用。またスピードメーターにはインテリアカラーに合わせた赤い差し色を採用しています。

先進安全装備

夜間の歩行者も検知するステレオカメラ方式の衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能と、ヘッドランプのハイビーム/ロービームを自動で切り替えるハイビームアシストを搭載。またアダプティブクルーズコントロール(ACC)には全車速追従機能を追加しています。

また、スズキ小型車で初採用となるカラーヘッドアップディスプレイを運転席のダッシュボード上に設定。メーターはセンターメーター レイアウトで、4.2インチのカラー液晶のマルチインフォメーションディスプレイを全車標準装備としています。

装備・使い勝手

パワースライドドアは新たに予約ロック機能を追加し、ドアが閉まるのを待たずに携帯リモコンでドアロックの操作が可能となっています。

収納スペースは、新設定の運転席アンダートレー、荷室左側面のショッピングフックをはじめ、収納を充実させ、使い勝手を向上。またUSB電源ソケットをインパネ中央部に2個設置。後席の右側面にアクセサリーソケットも設置しています。

ナビゲーションは、高精細の大型の9インチHDメモリーナビゲ―ションをメーカーオプションとして設定。このナビはスマートフォン連携機能に加え、逆走注意案内、逆走警告機能なども備えています。

スリムサーキュレーター

またキャビン中央のルーフに車内の空気を循環し、エアコン使用時の前席と後席の温度差を少なくする超薄型のスリムサーキュレーターをスズキの小型車で初採用しています。

新型ソリオ 諸元表
新型ソリオ バンディット 諸元表

価格

スズキ ソリオ 関連記事
スズキ 関連記事
スズキ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る