スズキ「アルト ラパン」一部改良 レトロモダンな新モデル「LC」登場

スズキは2022年6月17日、軽自動車ハッチバック「アルト ラパン」を一部仕様変更するとともに、新たに「アルト ラパン LC」を追加して発売した。

アルト ラパン X(トラッドカーキメタリック/ソフトベージュ2トーンルーフ)

今回の一部仕様変更では、夜間の歩行者も検知できるデュアルカメラブレーキサポートを全車に標準装備化し、予防安全性を向上させている。

また、USB電源ソケット[Type-A/Type-C]を全車に標準装備したほか、Xにメッキフロントグリルや「ナノイー X」搭載フルオートエアコン、360度プレミアムUV&IRカットガラスを追加。

アルト ラパン Xのインテリア

L、XにはLEDヘッドランプを採用するなど、装備の充実を図っている。さらに、7インチ・サイズのディスプレイオーディオを採用し、バックアイカメラ映像の表示や様々な車両情報の確認が表示できるようになっている。

ボディ色は、新色の「トラッドカーキメタリック」と「テラコッタピンクメタリック」を設定したほか、2トーンルーフ仕様車のルーフ色に「ソフトベージュ」を採用している。
そしてインテリアには、Xのシート表皮に「ライトブラウン」と「ライトグリーン」を採用している。

X(フォーンベージュメタリック/アーバンブラウン2トーンルーフ)

新たに設定した「アルト ラパン LC」は、「アルト ラパン L」、「アルト ラパン X」をベースに、エクステリアには専用のメッキ・フロントグリルガーニッシュやメッキヘッドランプガーニッシュ、メッキバックドアガーニッシュ[LCエンブレム付]などを採用し、懐かしさを感じるレトロ・モダン調のデザインが特長だ。

インテリアには、ブラウンを基調としたレザー調&ファブリックシート表皮や専用色の本革巻ステアリングホイールなどを採用し、落ち着きのあるインテリアとしている。

アルト ラパン LC Xのインテリア

2トーンルーフ仕様車のルーフ色には「ソフトベージュ」に加え、専用の「アーバンブラウン」を採用している。

ラパンならではのアイテム、「隠れラパン」

なお「アルト ラパン」、「アルト ラパン LC」は、経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーS ワイド」、国土交通省による「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS2)認定車」、「ペダル踏み間違い急発進抑制装置(PMPD)認定車」に該当する。

価格

スズキ アルト 関連記事
スズキ 関連記事
スズキ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る