【リコール】スズキ「キャリイ」のエンジンECUに不具合

スズキは2022年9月1日、軽トラック「キャリイ」のエンジンECUに不具合があるとしてリコールを届け出た。

このリコールは63件の市場からの報告により実施された。不具合の内容は、エンジン制御用ECUの内部の、IC(集積回路)の製造管理が不適切なため、使用過程でIC内部で断線し、エンジン始動不能や走行中にエンストする恐れがあるというもの。

対策は該当車両のエンジンECUの製造ロット番号を確認し、該当するものはECUを良品と交換することになる。

該当車両は2015年10月~2016年6月の間に製造されたキャリイ、OEMモデルの日産 NT100クリッパー、マツダ スクラム、三菱 ミニキャブで、合計4万1919台。なお、これ以外にECU単体で部品として出荷されたユニットも合計64個が該当する。

スズキ キャリイ 関連記事
スズキ 関連記事
スズキ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る