インドのマルチ・スズキ 3代目となる新型「アルト」登場

スズキのインド子会社マルチ・スズキ・インディア社は2022年8月18日、新型「アルト」の発売を開始した。

インドにおける「アルト」は、1983年に生産を開始したマルチ・スズキ社の第1号車「マルチ800」を原点とし、その後はマルチ・スズキを代表するモデルの一つとしてインドで幅広く普及し、2022年7月末までのインド国内におけるシリーズ累計販売台数は700万台に達している。

今回発売された3代目となる新型「アルト」は、主にエントリーカーやセカンドカーを求める幅広い年齢の顧客層に迎合させるため、内外装ともにシンプルで愛着のわくデザインとしている。

エクステリアは大型のヘッドライトとグリルを採用することで親しみのあるマスクとし、曲線のルーフラインによりモダンな印象としている。

インテリアには、グレー基調にベージュのアクセントカラーを採用。広々とした空間も特長だ。また、ショルダールームやレッグスペースを延長することで、快適性や乗降性を向上させた。荷室の容量も32L増となる214Lを確保し、利便性を向上させている。

軽量・高剛性のプラットフォーム「HEARTECT」をベースにし、67psのK10C型1.0Lガソリンエンジンを搭載することで、優れた低燃費と高い走行性能を両立。また、MTに加えオートギヤシフト(AGS)仕様を追加している。

新型「アルト」のボディサイズは、全長3530mm、全幅1490mm、全高1520mm、ホイールベース2380mmのAセグメント・サイズのまさにベーシックカーである。

マルチ・スズキ 公式サイト

スズキ アルト 関連記事
スズキ 関連記事
スズキ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る