スズキ インドで再生可能エネルギー由来の電力使用拡大へ

スズキは2022年6月2日、カーボンニュートラルの実現に向け、インドの4輪生産工場で再生可能エネルギー由来の電力使用を拡大していることを発表した。

ハイブリッド型発電所(写真・ReNew社提供)

スズキのインド生産子会社スズキ・モーター・グジャラート社(SMG)は 5月にスズキ・グループとして初めて、電力事業者がグジャラート工場の敷地外に設置する発電設備から電力を購入する制度を利用して、再生可能エネルギー由来電力の調達を開始した。

発電設備は風力と太陽光の大規模なハイブリッド型(発電出力:17.6MW)で、インド再生可能エネルギー事業者大手 ReNew Power Private Limited がグジャラート工場専用に設置した。今回の取り組みにより、CO2排出削減量は年間約5万9000トンを見込んでいる。なおグジャラート工場では2018年に敷地内に設置した太陽光発電設備で0.5MWを発電している。

マネサール工場での大規模太陽光発電

また、スズキのインド子会社マルチ・スズキ・インディア社では、2014年にマネサール工場敷地内に太陽光発電設備を導入して以来、再生可能エネルギー由来の電力を活用している。2021年9月にマネサール工場敷地内の太陽光発電設備(20MW)の拡張を行ない、発電出力を26.3MWまで拡大。この拡張による CO2排出削減量は年間約2万トンを見込んでいる。

スズキ 関連記事
スズキ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る