スズキ 電動アシストカート「KUPO」の試験運用を開始

スズキは2021年11月26日、浜松市と公益財団法人浜松市花みどり振興財団と連携し、はままつフラワーパークで電動アシストカート「KUPO(クーポ)」の利便性を検証する試験運用を開始すると発表した。

「KUPO」は、歩行を補助する電動アシストカートから、乗って移動できる電動車いすにもなり、生活を支援し歩く嬉しさを提案する「歩く・広がるモビリティ」として開発された活動支援モビリティだ。2018年に初代コンセプトモデルを発表して以来、改良を重ね、現在のモデルは4代目となる。

1台で電動歩行補助具と電動車いすの機能を兼ねることや、プロトタイプの段階でモーターショーなどに何度か出展し、反響を参考にしてデザインを熟成させたことなどが評価されている。

はままつフラワーパークで実施する試験運用の概要

期間:2021年11月29日~12月下旬
会場:はままつフラワーパーク(浜松市西区舘山寺町195番地)
内容:電動アシストカート「KUPO」による園内移動の体験を通して利便性を検証

スズキ 関連記事
スズキ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る