スズキ 60歳~75歳までを対象にした途中解約特約付き残価設定クレジットを開始

スズキの自動車販売金融子会社である「スズキファイナンス」は、2021年2月2日、申し込み時の年齢が60歳から75歳までの顧客を対象にした、途中解約特約付き残価設定クレジット「安心60プラン」の販売を開始しました。

「安心60プラン」は、サポカーに相当する先進安全技術を搭載する新車・中古車の乗用車を対象に、車両本体価格の一部をあらかじめ残価として設定し、残りの金額を分割して支払う残価設定クレジットです。

契約者が支払い期間中にケガや病気・免許返納などで運転ができなくなった場合、車両を返却することでクレジットの残りの支払いが不要になる特約が付帯されているのが大きな特長です。

「安心60プラン」は、従来の残価設定クレジット同様、初回車検や半年毎の定期点検などのメンテナンスが受けられる「スズキ安心メンテナンスパック」に加えて、病気やケガの悩み、緊急時の対応などを電話で無料相談できるサービスも付帯するなど、通常の残価設定クレジットとは異なるサービスが設定されています。

スズキファイナンス「安心60プラン」公式サイト

スズキ 関連記事
スズキ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る