懐かしの「スバル レックス」ロッキーのOEMモデルで登場

スバルは2022年11月11日、初のAセグメントの新型SUV「レックス(REX)」を発表した。なおこの新型「レックス」はダイハツ「ロッキー」のOEMモデルである。

また「レックス」の車名は、1972年から1992年まで3世代にわたって生産、販売された軽自動車の車名を復活させ、引き継ぐことになった。

ダイハツ「ロッキー」は、FFモデルとして3気筒・1.2Lエンジン搭載のシリーズ・ハイブリッド、1.2Lエンジン車、4WD車用の3気筒・1.0Lターボという3種類をラインアップしているが、「レックス」はFFモデルの1.2L/CVTモデルのみの設定となっている。グレード展開はエントリー・グレードの「G」と上級グレードの「Z」というシンプルな構成だ。

エクステリア・デザインは全長3955mm、全幅1695mmというコンパクトなAセグメントのボディサイズでありながら、高いボンネット、大きく張り出したフェンダー、大径タイヤ、最低地上高185mmなどによって、SUVらしい力強い存在感を表現したスタイリングで、ロッキー、トヨタのOEMモデル「ライズ」ともに好評を博している。

ボディカラーは全9色を設定。Zグレードには2トーン「ライズ」カラーも2色設定している。

インテリアデザインは、アクティブな印象の空間設計とし、フロントシートを中心に赤い加飾をあしらうなどしてスポーティさを強調。

安全性能は、後方確認をサポートするブラインドスポットモニターとリヤクロストラフィックアラート(Zのみ)を採用した最新のステレオカメら式「スマートアシスト」を装備。

Aセグメントらしく小回り性は最小回転半径5.0mとし、SUVらしく着座ポイントが高めで見通しがよく、市街地でも扱いやすいクルマとなっている。

インフォテイメントでは、メーカーオプションとしてApple CarPlay、Android Autoに対応する9インチのディスプレイオーディオを設定している。

新型「レックス」は、スバルとしては軽自動車シリーズとインプレッサの大きなギャップを埋める待望のモデルとなっている。

価格

レックス G:182万円(税込み)
レックス Z:217万1000円(税込み)

スバル レックス 関連記事
スバル 関連記事
スバル 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る