スバル レヴォーグに2.4Lターボ搭載の「STI Sport R」を追加

スバルは2021年11月25日、「レヴォーグ」の年次改良を受けたBタイプモデルを発表し、新たに水平対応2.4L直噴ターボを搭載するハイパフォーマンスモデル「STI Sport R」を追加した。

レヴォーグのハイパフォーマンスモデル「STI Sport R」

グレード展開は、従来からのGT/ GT EX、GT-H/GT-H EX、STI Sport/STI Sport EXの6グレードに、新たにSTI Sport R/STI Sport R EXが追加されている。そして追加されたSTI Sport R系は新型WRX S4と共通の2.4L直噴ターボを搭載しており、型式名は従来グレードはVN5型、STI Sport R系はVNH型となっている。

STI Sport R系に搭載されるエンジンはFA24型の2.4Lで、275ps/375Nmを発生。従来のCB18型に比べ排気量が約600cc増大し、パワーは98ps、トルクは75Nmも強化されており、ハイパフォーマンスモデルである。

また、トランスミッションは新型WRX S4で初採用された「スバル パフォーマンス トランスミッション」を搭載。CVTでありながらDCT(デュアルクラッチ式)のような気持ち良い変速感、加減速感が体感できるようになっている。

ブレーキング時には、まずエンジンは自動ブリッピングによりエンジン回転数を高め、それに合わせた疑似ギヤ比にステップ的にシフトダウンし、コーナリング中はそのギヤ比を維持。加速時には再びステップ的にシフトアップが行なわれ、さらにそのシフトアップの瞬間にはエンジンのトルクを瞬間的にカットする制御プログラムとなっている。変速の速さ、変速感の気持ちよさはDCTと同等レベルとなっているのがアピールポイントだ。

なおCVTそのものも新世代化され、疑似ステップギヤ比は8段に設定。マニュアル変速では8段変速となっている。Dレンジではiモードの場合は通常のCVT変速で、アクセル開度が大きくなると8段ステップ変速に移行。Sモード、S#モードの場合は常時8段ステップ変速となっている。また合わせて、ブレーキ時シフトダウン制御も採用されており、ブレーキの強さで自動的に最適ギヤにシフトダウンされるようになっている。

またSTI Sport RのAWDシステムは、VTD式の可変前後配分センターデフを採用。通常時の前後駆動トルク配分は45:55とリヤ寄りにし、路面、走行状態に合わせて前後可変配分を可能にしている。

さらにドライブモードセレクトでAWD Sportモードが設定されており、スポーツドライビングでよりニュートラルなコーナリング特性としている。

新たに追加されたSTI Sport Rは、従来のSTI Sportに比べ約68万円高となっている。また標準アイサイトか、アイサイトXかの価格差は38万5000円で、これは従来通りの価格差となっている。

価格

スバル レヴォーグ 関連記事
スバル 関連記事
スバル 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る