スバル「ジャスティ」「ジャスティ カスタム」改良で衝突回避支援システムを標準装備

スバルは、「ジャスティ」「ジャスティ カスタム」を改良し、2018年11月8日から発売を開始した。なお「ジャスティ」、「ジャスティ カスタム」はダイハツ「トール」のOEMモデルで、1.0L 3気筒エンジンの自然吸気版とターボの2種類を設定している。

ジャスティ GSスマートアシスト
ジャスティ GSスマートアシスト

今回の改良では、衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」や超音波式コーナーセンサーを新たに全車標準装備としている。
「スマートアシストⅢ」はステレオカメラの採用にり検知対象や認識範囲が拡大しており、歩行者に対する衝突回避支援ブレーキ機能やハイビームアシストの機能が追加されている。さらにフロントグリルにソナーセンサーを2個追加し、前方誤発進抑制制御における障害物検知の精度を高めている。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る