スバル LAオートショーでインプレッサセダン・コンセプトを世界初披露

impreza_01
LAオートショーでワールドプレミアされた次期インプレッサセダン

スバルは2015年11月19日、アメリカ・カリフォルニアで開幕した「ロサンゼルス・オートショー2015」で、「インプレッサセダン・コンセプト」をワールドプレミアした。

impreza_02
スバル・オブ・アメリカCOOのトム・ドール氏による現地発表

次期インプレッサは、スバル次世代モデルの第1弾に位置付けられる重要な役割を担う。今回、世界初初披露されたインプレッサセダン・コンセプトはデザインスタディで、今後のスバルデザイン全体の方向性も示している。

全体的なエクステリアデザインは、ダイナミックかつソリッドな面構成で、立体的かつ塊感のあるボディを構築。加えて、ハッキリとしたキャラクターラインを配することで、躍動感を表現している。また、優れた空力性能も確保し、デザインと機能性の融合を実現しているという。

コンパクトなボディサイズ感のなかでダイナミックなデザインを採用
コンパクトなボディサイズ感のなかでダイナミックなデザインを採用

ディテールを見ていくと、まずフロント部はワイド&ロースタンスにより、スバルならではのスポーティな印象を与えるとともに、ヘキサゴングリルからホークアイヘッドランプまで一体感のあるデザインで構築している。

impreza_04
ワイド&ローを強調するスタイル
impreza_05
特徴的なホークアイヘッドランプ

ボディサイドは、フロントフェンダーからドアパネル、リヤショルダーまでを抑揚豊かなキャラクターラインでつなげるとともに、リヤに向かって跳ね上がるドアパネル下部のキャラクターラインによって躍動感を与える。また、ボリューム感のあるフェンダーフレアは、スバルAWDがもたらす安定感と信頼感を表現している。

impreza_06
クーペのような流麗なデザイン
キャラクターラインがアクセントに
キャラクターラインがアクセントに
タイヤサイズは235/40R19
タイヤサイズは235/40R19

リヤまわりは、ヘッドランプと共通のモチーフを持つワイドなりやコンビネーションランプで、フロント同様、ワイド&ローのスタンスを強調。さらに、絞り込んだキャビンからトランクリッドにいたる流麗なシルエットが、セダンスタイルにスポーティな印象を加えている。

impreza_10
横に広がるデザインでリヤもワイド&ロースタイルを表現
impreza_11
ホークアイヘッドランプをモチーフにしたリヤコンビランプ

ボディサイズは、全長4555×全幅1880×全高1453mm、ホイールベース2670mmで、現行インプレッサG4よりも全長が短く、全高が低く、よりワイドになっていることが分かる。

塊感とダイナミックさが融合したスタイリング
塊感とダイナミックさが融合したスタイリング

また、今回イメージカラーに採用している「ルビーレッドメタリック」は、スポーティでエネルギッシュなイメージを追求しているという。

スバル・アーカイブ

スバル公式サイト


ページのトップに戻る