スバル「フォレスター」を大幅に改良 最新アイサイトを採用

SUBARUは2021年6月14日、グローバルモデルに位置づけられるSUV「フォレスター」の大幅改良モデルを発表し、先行予約を開始しました。なお正式発売は8月となっています。

現行モデルは2018年6月にデビュー。5代目「フォレスター」として、取り回しのよさと室内の広さを両立したパッケージング、そして使い勝手の良い装備を持ったSUVモデルで、スバルの最量販車種となっています。今回の大幅改良により、年改呼称はDタイプとなります。

今回の大幅改良では、スバルのデザインコンセプト「BOLDER(ボルダー)」表現を取り入れたフロントマスクを採用し、新デザインのアルミホイールも装備しました。

走行性能に関しては全グレードのサスペンションを改良。従来よりしなやかでスポーティさを高い次元で両立。さらにアダプティブ変速制御「e-アクティブシフトコントロール」をe-BOXER搭載車の全グレードに拡大採用しています。

安全性能では、レヴォーグに続いて「新世代アイサイト」を搭載。ステレオカメラの広視野角化やソフトウェアの改良により、これまで以上に性能を高めています。

グレード展開は、Cタイプと変更はなしで、e-ボクサーを搭載する「ツーリング」、「X-ブレイク」、「アドバンス」と、1.8Lターボを搭載する「スポーツ」という5グレードです。

新型フォレスター特設サイト:https://www.subaru.jp/forester/forester/

スバル フォレスター 関連記事
スバル 関連記事
スバル 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る