スバル「シフォン」オートブレーキホールド標準装備など一部改良

スバルは2022年10月13日、軽自動車スーパーハイトワゴン「シフォン」の一部改良を発表した。なお「シフォン」はダイハツ タントのOEMモデルだ。

シフォン カスタム R

今回の一部改良モデルでは、Lグレードを除く全車に電動パーキングブレーキ、オートブレーキホールドを標準装備化している。

また、メーカーオプションとしてApple CarPlay、Android Autoとの接続が可能な9インチのディスプレイオーディオをスバルの軽自動車として初採用している。

また全車で、リヤシートのスライド操作を荷室側からも可能とするシートバック背面レバーの追加、荷室高さの有効活用が可能となる上下2段調節式カーゴボードの採用により、機能性を向上。

インテリアは、ドアトリム、助手席トレイのキルティング形状を緻密なテクスチャ形状に変更するとともにインストルメントパネルの加飾パーツ色を従来よりも深みのあるブルーに変更した。

シフォンカスタムはフロントフェイスを中心としたデザインを刷新し、迫力と上質感の向上に加え、シート表皮のレザー面積を拡大し、ファブリック部をブルー表皮に変更している。

ボディカラーは、シフォン専用色として、サンドベージュメタリック、ホワイト/サンドベージュメタリック(2トーン)を、シフォンカスタム専用色として、クロムグレーメタリック、クールバイオレットクリスタルシャインを新たに設定した。

価格

スバル シフォン 関連記事
スバル 関連記事
スバル 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る