スバル 米国でBRZとフォレスターが安全性の最高評価を獲得

スバルは2022年5月18日、北米仕様の2022年モデルのBRZ(アイサイト装着車)とフォレスターが、IIHS(道路安全保険協会)によって行なわれた2022年車両安全性評価で、最高評価となる「トップセイフティピックプラス(TSP+)」を獲得したと発表した。

BRZは、6AT搭載モデルに新たにアイサイトを標準装備したことが、初めての最高評価の獲得につながった。またフォレスターは、全ての評価基準において最高評価を獲得。今回のBRZとフォレスターの受賞により、IIHS 2022年安全性評価で賞を獲得したスバルの車種は以下の計8車種となっている。

まず2022年TSP+を獲得したのは以下の6車種。
・BRZ(アイサイト装着車):初のTSP+獲得
・フォレスター:16年連続のTSP以上獲得
・クロストレック・ハイブリッド:4年連続のTSP+獲得
・レガシィ:17年連続のTSP以上獲得
・アウトバック:14年連続のTSP以上獲得
・アセント:5年連続のTSP以上獲得

2022年TSP獲得モデルは、今の2車種。
・インプレッサ(5ドア・アイサイト、アダプティブヘッドライト装着車):15年連続のTSP以上獲得
・クロストレック(アイサイト、アダプティブヘッドライト装着車):11年連続のTSP以上獲得

IIHSによる2022年安全性評価においてTSPまたはTSP+を獲得するには、6種類ある耐衝撃性能試験のすべてにおいて「Good」、かつヘッドライト性能試験において「Good」もしくは「Acceptable」を獲得し、さらに対車両および対歩行者の両方で「Superior」もしくは「Advanced」の評価を獲得した前面衝突予防システムが選択可能であることが求められる。さらに、「Good」または「Acceptable」評価を獲得したヘッドライトを標準装備したモデルには、最高評価であるTSP+が与えられることになっている。

IIHS 公式サイト

スバル 関連記事
スバル 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る