【スバル】ルクラシリーズ改良。NAエンジン搭載全車が75%軽減のエコカー減税対象に

富士重工業は2011年7 月19日、ダイハツ工業より OEM 供給を受けるルクラシリーズを改良して発売した。最大のポイントはNA モデル全車に新エンジンを搭載し、燃費性能を向上させたこと。さらにブラック色のインテリアや14 インチアルミホイールを採用したルクラ「L Black Interior Limited」 を新たに設定した。

具体的には新エンジンの搭載によりNA モデル全車が「平成 22 年度(2010 年度)燃費基準+25%」を達成し、エコカー減税(環境対応車普及促進税制)である 自動車取得税および重量税の 75% 軽減を実現。また追加グレードのL Black Interior Limitedにはルーフスポイラー、サイド シルスポイラーなどのスポーティな印象を高める装備も採用されている。

スバル公式ウェブ


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る