日産の軽EV「サクラ」が京都でタクシーに

日産自動車は2022年11月15日、京都府タクシー協会に加盟するエムケイ、都タクシー、京都第一交通の3社が京都府内で運用するタクシーに軽電気自動車(EV)「サクラ」が採用されたと発表した。このタクシー会社3社では、「サクラ」を軽EVタクシーとして11月16日から運行を開始している。

今回の京都府内における軽EVタクシーの導入は、EVの開発、普及に取り組んでいる日産と、京都議定書採択の地であり環境先進都市としてカーボンニュートラルの実現に向けて取り組む京都府と、京都府タクシー協会に加盟する3社が連携し、EV活用を通じて脱炭素社会の実現を目指すという取り組みだ。

世界有数の観光地である京都府は、歴史ある小道や坂道が多いため、軽自動車ならではの小回り性能に優れ、環境にも優しい軽EVタクシーの需要は高く、さらにEVならではの力強く滑らかな加速も活かされる。また、本年年10月の政府主導による水際対策の緩和などで、再び外国人観光客の増加も見込まれる中、タクシーのEV化による排出ガスの削減は、同府にとって環境課題解決に向けて意義のある取り組みとなる。

なお、今回「サクラ」を導入したタクシー会社3社では、日産と連携し11月16日(水)から2023年2月末までの期間、「サクラ」のタクシー全台を「DONATION TAXI(ドネーションタクシー)」として運行する。「DONATION TAXI」は、「サクラ」のタクシーを利用した人の乗車距離に応じた一定額を、環境団体に寄付するシステムで、タクシーを利用するだけで、間接的に環境支援に関わることのできるようになっている。

また、今回の軽EVタクシーの運行を記念し、京都府内の小学生が「めざせCO2ゼロチャレンジ」をテーマに描いたイラストの中から選ばれた3作品を車体に施した特別なタクシー車両が、各タクシー会社で1台ずつ、合計3台運行することになっている。

日産 サクラ 関連記事
日産 関連記事
日産自動車 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る