日産 ノート e-POWER 試乗記 ハイブリッド車と違うドライブ感覚が新鮮

マニアック評価vol488

DSC06596
販売上ではメイングレードとなる「ノート e-POWER X」(195.9万円)

2012年7月に登場したノートが4年を経てビッグマイナーチェンジを受け、新たに「e-POWER」と名付けられたシリーズ・ハイブリッド方式の3モデルが追加された。ノートが属する日本のBセグメントのクラスでは、アクア、フィット・ハイブリッドの2強がマーケットの主流になっているが、新登場のノート e-POWERはその構図をひっくり返すことができるだろうか?<レポート:松本晴比古/Haruhiko Matsumoto>


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る