日産「リーフ」デザイン一新 実質価格約293万円〜今夏発売

日産自動車は2022年4月21日、電気自動車「リーフ」を一部仕様向上し、今夏に発売すると発表した。

今回の一部仕様向上では、新たにイルミネーション付きのブランドエンブレムを採用した。また、フロントグリルは、シームレスでシンプルな形状の中に日本伝統的な木組みパターンのようなデザインに変更。さらに、アルミホイールのデザインも一新している。

エクステリアカラーは、より白さを追求した「ピュアホワイトパール」と、漆黒感とパールの煌めきを表現した「ミッドナイトブラック」を新たに設定し、「オペラモーブ/スーパーブラック」の2トーンを加えて、全15色の豊富なカラーバリエーションをラインアップ。

機能面では、インテリジェントルームミラーの解像度を上げて視認性を向上させている。
なお、「リーフ NISMO」は、専用のフロントバンパーやサイドシルプロテクター、リヤバンパー、18インチアルミホイールを、新世代のNISMOデザインのカラーリングに変更した。

リーフ NISMO

さらに今回は、電気自動車のさらなる普及に向け、少しでもユーザーの手に届きやすくするため価格の改定を行なった。今回の価格改定に伴い、クリーンエネルギー自動車導入促進補助金を活用した場合の「リーフ」の実質購入価格は、約293万円(消費税込み)からとなる予定だ。

なお、今回の一部仕様向上と同時に「リーフ アーバンクロム」と、バッテリーサイズ40kWhのSグレードの設定を廃止している。

価格

日産モータースポーツ&カスタマイズのオーテック・バージョンもベースのリーフの仕様向上に合わせて仕様変更を行ない、今夏に発売予定となっている。

今回の一部仕様向上では、インテリア・デザインを一新。上質な素材や、オーテック・ブランドを象徴するブルーステッチによるプレミアムな仕立てそのままに、全体をブラックでコーディネートし、エアコン吹き出し口にシルバーフィニッシャーを採用することで、エレガントさをより追求している。

またベース車と同様に、インテリジェントルームミラーの解像度を上げて視認性を向上。そしてオーテック モデルも従来モデルより買い得の価格設定としている。

価格

日産 リーフ 関連記事
日産 関連記事
日産自動車 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る