日産 1.6Lで214psのハイチューン・エンジンを搭載するジューク NISMO RS

日産 ジュークNISMO RS

2014年11月11日、日産はジュークに214psの高出力エンジンを搭載した新グレード「NISMO RS」を追加し、11月26日から発売すると発表した。

ジューク NISMO RSは2014年7月にマイナーチェンジしたジュークをベースに、ハイパフォーマンスを追求し、ジュークのラインアップの頂点に位置する新たなグレードだ。NISMO RSは、従来のジューク NISMOよりさらにエンジン出力を向上させることで、同クラスの量産モデルでトップレベルのパワーを実現している。

日産 ジュークNISMO RS日産 ジュークNISMO RS

さらに車体剛性を向上し、ブレーキ性能の強化、サスペンション、電動パワーステアリングの専用チューニングを行なっている。またハイパフォーマンスにふさわしいシート剛性、ホールド性を備えたNISMO専用チューンを加えたRECARO製スポーツシートも装備している。

日産 ジュークNISMO RS
NISMO RS専用チューンされたMR16DDT型エンジン

NISMO RSのベースになっているのはジューク16GT FOURで、専用チューニングした1.6L直噴ターボエンジンとECUセッティングにより最高出力をベース車の190psから213psに向上。最大トルクは250Nmとしている。コンロッドベアリングの耐久性を向上させ、高回転域でも大トルクを持続できるようになっている。トランスミッションは8速マニュアルモード付エクストロニックCVTとパドルシフトを組み合わせている。

ブレーキは、フロントブレーキローター径を拡大し、リヤもベンチレーテッドディスクを採用。キャリパーはレッド塗装。パッドの耐フェード性も向上させている。これによりスポーツドライビング時のハードなブレーキ時の優れた制動フィーリングを実現している。

ホイールもベース車の17インチから18インチへサイズアップ。ホイールの形状最適化により軽量化を実現し、ばね下重量を軽減している。またサスペンションをチューニングすることでより幅広いシーンで楽しめるハンドリングとしている。もちろん「ALL MODE 4X4-i」のトルクベクトル機能も備えている。さらに、車速感応式電動パワーステアリングのチューニングにより、従来のジュークの取り回しの良さと、ワインディングや高速走行時におけるしっかりした手応えを両立。これらの専用チューニングによりNISMO RSならではのスポーティな操縦フィーリングとしている。

またジュークNISMO RSのボディは、追浜工場における車体組み立て段階で車体各部に補強を追加し、ボディのねじり剛性を向上。これにより精緻でクイックなステアリングレスポンスとしっかりとした質感が優れた乗り心地としている。また専用のエアロパーツも装備している。

車両の高出力化、ボディ強化、ブレーキ強化に伴いシート性能も向上している。日産とRECARO社の共同開発によるNISMO専用チューニングRECARO製スポーツシートを採用している。シェル構造を採用しシート剛性やホールド性を高め、スポーツ・ドライビングで優れたホールドを性能を備えている。

ジューク NISMO RS 諸元表

ジューク NISMO RS 価格

 

日産自動車公式サイト
NISMO公式サイト

自動車技術会
ページのトップに戻る