日産「GT-R」2022年モデルを発表し特別仕様車「T-spec」を設定

日産自動車は2021年9月14日、「GT-R」2022年モデルと、特別仕様車「GT-RプレミアムエディションT-spec」、「GT-Rトラックエディション engineered by NISMO T-spec」を発表しました。これらモデルは10月下旬より販売が開始されます。

GT-R プレミアムエディションT-spec

今回発表した「GT-R」2022年モデルは、さらなる進化を追求した100台限定となる特別仕様車「GT-RプレミアムエディションT-spec」、「GT-Rトラックエディションengineered by NISMO T-spec」という2種類の「T-spec」を設定しています。

GT-R プレミアムエディション T-specのインテリア

「T-spec」という名称は、時代を先駆ける「Trend Maker」と、しっかりと地面を捉え駆動する車両」いう開発におけるハードウェアへの考えを表した「Traction Master」の頭文字から名づけられています。

「T-spec」の両モデルには、専用カーボンセラミックブレーキ、カーボン製リヤスポイラー、専用エンジンカバー、専用バッヂ(フロント・リヤ)を特別装備。

GT-Rトラックエディションengineered by NISMO T-spec

また「GT-RプレミアムエディションT-spec」には、専用の内装コーディネーションを施したほか、専用のレイズ製アルミ鍛造ホイール(ブロンズ)を採用してバネ下質量の軽量化を行ない、それに合わせてサスペンションを専用にセッティングしています。これにより、ホイールリム幅拡大によるタイヤの高剛性化の効果もあり、軽快でスムースなハンドリングを実現しています。

GT-Rトラックエディションengineered by NISMO T-specのインテリア

また、走りのパフォーマンスを追求した「GT-Rトラックエディションengineered by NISMO T-spec」には、専用カーボン製ルーフ、カーボン製トランクリッド(トリムレス、本革プルストラップレス仕様)を特別装備。カーボン製パーツの採用により、さらなる軽量化を実現し、より高いパフォーマンスを引き出しています。

ベースグレードの「ピュアエディション」

また、2つの「T-spec」のボディカラーには、2色の新色である「ミッドナイトパープル」と「ミレニアムジェイド」を追加しています。ミッドナイトパープル」は、歴代のGT-Rに採用してきた色の進化版で、神秘的なオーロラから着想を得たカラーであり、見る角度によって、グリーンやパープルに変化し、オーロラの様なドラマチックな色変化を感じることができます。

「ミレニアムジェイド」は、グリーンの色調を採用し、静かな中にも存在感のある洗練された佇まいを表現。さらに強い金属感を持ったグレイッシュメタリックに仕上げることで、「GT-R」の存在感を強調しています。

なお「T-spec」は、両モデルあわせて100台限定(予定)の抽選販売で、抽選の申込期間は9月15日~9月29日までとなっています。

価格

日産 GT-R 関連記事
日産 関連記事
日産自動車 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る