日産とニスモ 新型フェアレディZで富士24 時間レースにテスト参戦

日産自動車と日産モータースポーツ&カスタマイズ(NMC)は2022年4月28日、富士スピードウェイで6月4日~5日に開催される「NAPAC 富士SUPER TEC 24時間レース」に新型「Z(日本名:フェアレディZ)」をベースとしたレースカーでテスト参戦すると発表した。

スーパー耐久シリーズの第2戦として開催される「富士24時間レース」では、改造範囲によってクラス分けされた多種多様な車両が出場するが、今回、日産/NISMOは新型「Z」の様々なモータースポーツカテゴリーでの活用の可能性を探り、実戦データを得るために、NISMOからエントリーする1台に加えて、「フェアレディZ」での同シリーズ(ST-3クラス)への参戦経験が豊富なMax Racingを加えた2台でST-Qクラスにテスト参戦することになる。

なおST-Qクラスはメーカーの開発車両専用のクラスだが、このレースの時点ではフェアレディZのレース用の量産ホモロゲーション(公認)が取得できていないことと、レース専用部品が準備できていないことが推測される。

狙いは、フェアレディZが本来参戦するスーパー耐久シリーズのST1クラス、GT4用のSTZクラスのための部品開発を行なうためと考えることができる。

NISMO 関連記事
日産 関連記事
NISMO 公式サイト
日産自動車 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る