日産・三菱、新開発の軽自動車ハイトワゴンがオフライン 3月下旬に正式発売

2019年3月14日、日産、三菱、両社の合弁会社のNMKVが、生産工場となる三菱・水島工場で新型軽自動車ハイトワゴンのオフライン式を行なった。このオフライン式には三菱の益子修CEO、日産の星野朝子専務執行役員、NMKVの遠藤淳一CEOと、各社従業員、地元関係者が列席した。

オフライン式に登壇した日産の星野専務執行役員(左)と三菱の益子CEO
オフライン式に登壇した日産の星野専務執行役員(左)と三菱の益子CEO

この新型軽自動車は、日産と三菱の合弁会社NMKVで企画・開発のマネジメントが行なわれ、従来モデル以上に日産と三菱のクルマづくりのノウハウや特長を融合させた新世代の軽ハイトワゴンで、激しい競争が展開されている軽自動車ハイトワゴン市場により高い商品力を持って参戦する。

日産・三菱、新開発の軽自動車ハイトワゴンがオフライン 3月下旬に正式発売

なお従来のモデルと同様に、この新型ハイトワゴンは日産は「DAYZ(デイズ)」、カスタム・モデルは「DAYZ(デイズ)ハイウェイスター」と名付けられ、一方の三菱は「eKワゴン」、「eKクロス」の車名となる。

日産の「デイズ」(左)と「デイズ ハイウェイスター」
日産の「デイズ」(左)と「デイズ ハイウェイスター」

従来から両社でデザインの違いをがあったが、今回のニューモデルは日産らしさ、三菱らしさをより強く追求し、エクステリアのデザイン・テイストは従来以上に異なった仕上がりになっている点が注目される。

日産の2台(左)と三菱の2台のニューモデル
日産の2台(左)と三菱の2台のニューモデル

このニューモデルはゼロからのスタートという大規模な開発で、プラットフォーム、エンジン、トランスミッションといった主要コンポーネントを刷新。その結果で基本性能を大幅に高めており、さらに軽自動車初となる同一車線運転支援技術を採用するなど、大幅に商品力を高め、ライバル勢に挑む。

日産「デイズ ハイウェイスター」(左)と三菱「eKクロス」
日産「デイズ ハイウェイスター」(左)と三菱「eKクロス」

日産「デイズ ハイウェイスター」のインテリア
日産「デイズ ハイウェイスター」のインテリア

関連記事:三菱、フルモデルチェンジの新型「eKワゴン」&新型クロスオーバー「eKクロス」の予約受注開始
日産 デイズ 関連情報
日産 関連情報
日産公式サイト

三菱自動車 eKワゴン 関連情報
三菱自動車 関連情報
三菱自動車 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る