日産の新たな支払いスタイル「中古車据置払クレジット」発表

日産自動車は2023年1月18日、中古車の車両本体価格から据置額を除いた分を月々分割で支払う手軽な買い方「中古車据置払クレジット」を全国の販売会社で順次取り扱いを開始すると発表した。なお、「中古車据置払クレジット」は、日産自動車の金融子会社である株式会社日産フィナンシャルサービスの運用金融商品である。

今回取り扱いを開始する「中古車据置払クレジット」は、車両本体価格から据置額を差し引いた分を、月々分割して支払う方式のため、一般的なクレジット払いよりも月々の支払い額を軽減できるクレジット商品だ。

据置率は5%〜40%、支払い回数は12回〜72回から選べるため、予算・ライフスタイルに合わせたプランを組むことができる。

据置額(最終回支払い金額)の支払い方法は、一括払い・再クレジット(乗り続ける)、売却(乗り換え)の3つから選択できる。

据置払クレジットでは、数年後に乗り換えるか、同じクルマに乗り続けるか、購入時に決める必要がなく、ライフステージの変化に合わせクルマの選択が可能だ。

なお売却の場合、据置額での買取り、下取りは保証されているわけではない。査定価格が据置額を上回る場合、差額はユーザーに返金され、下回る場合、差額はユーザーの負担となる。

日産 関連記事
日産自動車 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る