日産が電動化戦略強化へ ジヤトコに開発業務を拡大

日産自動車は2022年12月21日、電動化の推進に不可欠な電動パワートレインの需要拡大に対応するため、電動パワートレイン設計、開発業務の一部をグループ企業のジヤトコ(JATCO)に拡大し、電動パワートレインの開発能力を強化していくと発表した。

日産は2021年11月の「Nissan Ambition 2030」で、2030年度までに電気自動車15車種を含む23車種の新型電動車を投入し、グローバルの電動車のモデルミックスを50%以上へ拡大する計画を発表している。これに伴い、電動パワートレインの設計開発業務が増大する中、グループ企業のジヤトコにその業務範囲を広げて、日産グループとして商品開発力の強化を進めて行くとしている。

これはトヨタがデンソー、アイシンなどと一体で電動パワートレインを開発している体制と同じであり、電動化を推進するためには開発体制の大幅な強化が必須となっていることを物語っている。

ジャトコ 公式サイト
日産 関連記事
日産自動車 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る