日産 三菱が軽自動車EVを2022年初頭に発売を発表

日産と三菱自動車は2021年8月27日、2社の共同プロジェクトとして合弁会社「NMKV」で企画・開発を進めている新型の軽自動車クラスの電気自動車(EV)を、2022年度初頭に発売すると発表しました。

日産が2019年東京モーターショーで公表した軽自動車EVプロトタイプ「IMk」

この新開発の軽自動車EVは、従来の軽自動車の概念を打ち破るEVならではの力強い加速、滑らかな走り、そして高い静粛性を兼ね備えているモデルとされています。

さらに、すでに登場しているプロパイロット/マイパイロットなど先進運転支援技術をはじめ、コネクテッド技術など様々な先進技術も搭載される予定です。

搭載するバッテリーの総電力量は20kWhとされ、日常で使用できる航続距離を確保するとともに、EVバッテリーに蓄えた電気を自宅へ給電(V2H)することで家庭の電力として使用することも可能。もしもの時には「走る蓄電池」となり、非常用電源として充分な能力を発揮することができます。

「IMk」のインテリア

ボディサイズは、もちろん軽自動車規格で全長3395mm、全幅1475mm、全高1655mmで、取り回しも優れています。なお、価格は300万円前後で、EV補助金を想定した実質購入価格は約200万円からとなる見込みとなっています。

今回発表された軽自動車EVは、2019年10月の東京モーターショーの日産ブースでプロトタイプ「IMk」として公開されています。「IMk」は、新開発のEV専用プラットフォームを採用し、モーターなどパワートレーンも専用に開発されています。

パッケージはハイトワゴンで、デザインは都市の景観にも、日本の伝統的な街並みにも自然に溶け込むようデザインを訴求しています。インテリアもモダンなリビング=部屋をイメージした心地よい室内空間としています。

「IMk」はEVという先進技術とモダン&クリーンなデザインを融合させ、これまでの軽自動車の既成概念を打破するクルマを目指しているわけです。

なお、この時点でのボディサイズは全長3434mm、全幅1512mm、全高1644mmと公表されていますが、今回発表されたサイズは実際の量産モデルのサイズとなっていると考えられます。

いずれにしても政府目標である2050年のカーボンユートラルの実現に向け、自動車は電動化が不可欠とされていますが、日本独自規格の軽自動車の電気自動車化はコスト面から、きわめてハードルが高いとされていましたが日産・三菱は先陣を切って軽自動車のEV化を宣言したことになります。

日産 関連記事
日産自動車 公式サイト

三菱 関連記事
三菱自動車 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る