フォーミュラE 日産e.damsはシーズン7もブエミ選手とローランド選手を継続起用

日産は2020年10月14日、FIAフォーミュラE世界選手権の「2020-21 シーズン7」の日産e.damsチームのドライバーに、セバスチャン・ブエミ選手とオリバー・ローランド選手を継続して起用すると発表しました。

セバスチャン・ブエミ選手(左)とオリバー・ローランド選手

フォーミュラEの2020-21年シーズン7の年は、「リーフ」が発売10周年を迎え、新型クロスオーバーEV「アリア」が生産開始に向けた時期にあたるなど、電動化を推進する日産にとっては重要な位置付けのシーズンとなります。

日産e.damsの2019-20年のシーズンで、優勝1回、表彰台獲得5回、そして1回のポールポジションを獲得し、チームランキングで2位になるなど実績を残しています。ベテランのブエミは6戦連続でスーパーポールシュートアウトに進出するなど、予選でも優れたパフォーマンスを発揮しており、新鋭のローランド選手は第10戦で自身のフォーミュラE初優勝を飾る結果を残し、20-21年シーズン7も大いに期待がかけられています。

日産e.damsのチーム監督であるオリビエ・ドリオとグレゴリー・ドリオは連名で、「優れたパフォーマンスを継続して発揮してきた才能ある2人が、日産e.damsでレースを続けることになり、本当にうれしく思います。彼らの勝利に対するひたむきな努力とチームへの貢献が、より良い結果をもたらすことを期待します」との声明を発表しています。

なお、テストドライバー兼リザーブドライバーには高星明誠選手が、チームの公式シミュレータードライバーには、元日産GTアカデミーのウィナーであるヤン・マーデンボロー選手が継続して起用されます。

日産e.dams 公式サイト
日産 関連記事
日産 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る