三菱 【インドネシア国際オートショー2021】新型クロスオーバー「エクスパンダー」を発表

三菱自動車は2021年11月8日、デザインを一新して環境性能を向上させた新型クロスオーバーMPV「エクスパンダー」をインドネシアで発表し、11月11日から開催される第28回インドネシア国際オートショーで展示すると発表した。

このモデルはミツビシ・モータース・クラマ・ユダ・インドネシア(所在地:西ジャワ州ブカシ県)で生産し、インドネシアでの販売はもちろん、順次ASEAN地域を中心に展開していく予定。

「エクスパンダー」は次世代クロスオーバーMPVとして2017年にインドネシアで販売を開始以来、ASEAN、中東、中南米、南アジア、アフリカと販売市場を拡大。2019年にはシリーズの最上位モデルとなる「エクスパンダークロス」を追加し、2021年10月末までに累計販売台数はシリーズ合計で約37万2000台に達するグローバルモデルだ。

新型「エクスパンダー」は、フロントとリヤデザイン、インテリアデザインを一新してSUVとMPVらしさを融合させている。デザインコンセプト「ダイナミックシールド」を進化させ、低重心なイメージで水平基調のバンパーや立体的なスキッドプレートを採用。また、新世代のヘッドライトユニット形状としてTシェイプヘッドライトを新たに採用し、上級グレードでは視認性に優れたLED式としている。

リヤもコンビネーションランプは面発光によるTシェイプ・テールランプを採用し、従来のテールランプとバックランプに加えてストップランプをLED式としている。全体のフォルムでは、フロントオーバーハングは75mm、リヤオーバーハングは45mm延長し、上級感のあるプロポーションとしている。また、先代モデルよりも車高を15-20mm高めることで、クラストップレベルの最低地上高となる220~225mmを確保し、悪路走破性を向上。

インテリアでは、車内での快適性、利便性を向上させ、センターコンソールはスマートフォンを置くことができる大容量のオープントレイに変更。上級グレードは600mlのペットボトルを4本収納できるアームレストを追加するなど、収納スペースを充実。

後席もアームレスト装備車ではフロアコンソール背面にType-AとType-C のUSBポートを1つずつ追加し、2列目シートのアームレストにカップホルダーを追加するなど、利便性を高めている。

機能面では、トランスミッションには新たに高効率CVTを採用することで低燃費化を実現。アクセル開度が大きい時は多段変速のようなエンジン回転数の制御によって、力強くキレのある加速感を実現。アクセル低開度ではCVT特有の滑らかな変速によって、エンジン性能を最大限に引き出して低燃費と高い静粛性を実現する。

1.5Lの4気筒MIVECエンジンは外部EGRを新たに採用し、104ps/141Nmというエンジン出力性能を維持しながら低燃費化を実現している。

三菱 エクスパンダー 関連記事
三菱 関連記事
三菱自動車 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る