三菱 1トンピックアップトラック新型「トライトン」の国内販売スタート。冒険心を煽るゴツいデザインで登場

三菱自動車は2023年12月21日、1トンピックアップトラックの新型「トライトン」を12年ぶりに2024年2月15日より国内販売を開始すると発表した。

左からラリーアートの増岡弘総監督、商品企画責任者の増田義樹氏、デザイン責任者の吉峰典彦氏

新型トライトンは1978年に発売された「フォルテ」をルーツとする1トンピックアップトラックで、発売以来45年間で5世代にわたり約560万台を生産、世界約150ヶ国で販売されてきた三菱自動車のグローバルモデルだ。

フルモデルチェンジした新型トライトンは「Power for Adventure」という商品コンセプトのもとで開発が進められ、内外装のデザインからシャシー、ラダーフレーム、エンジンなどを一新し、2023年7月より生産工場のあるタイで販売がスタート。

今回、12年ぶりに国内導入されるのはダブルキャブの4WDモデルで、グレードはベーシックな「GLS」と、フロントアンダーガーニッシュやフェンダーアチモール、ベッドライナー、スタイリングバーを標準装備した上級モデルの「GSR」の2グレードとなっている。

上級モデルのGSR(ボディカラーはヤマブキオレンジメタリック)
エントリーグレードのGLS(ボディーカラーはグラファイトグレーメタリック)

独自開発のラダーフレーム

新開発となるラダーフレームは従来型から大幅に剛性を高めながら、ハイテン鋼の採用比率を大幅に増加させ、重量増を最小限に抑えた。これにより走行性能や乗り心地の向上に大きく寄与し、積載時の耐久性や衝突時のエネルギー分散性も向上するなど堅牢性を高めている。

ボディはラダーフレーム同様に超ハイテン鋼を採用するなど軽量化を図り、衝突時のエネルギー吸収と衝突安全強化ボディ「RISE」を採用。

また、カーゴヘッドはヘッドライナー(荷台カバー)装着状態でもJIS規格パレット積載にも対応したほか、820mm(GSRは825mm)の荷台高やバンパーコーナー上面をフレームで補強し、足を乗せるスペースとして使用可能にするなど実用的な仕様とした。

クリーンディーゼルエンジンも新開発

新型トライトンに搭載される4N16型クリーンディーゼルエンジンも新開発だ。回転数と負荷に応じて2つのタービンを協調させることで、全回転域で高出力を発揮する2ステージターボシステムを採用。150kWの最高出力と約1500rpmからフラットに発生する470Nmの最大トルクによって、実用域での応答性に優れたトルクフルな走行を可能にしている。

また、排出ガスをクリーンに浄化する尿素SCRシステムを採用し、尿素水溶液であるAdBlueにより窒素酸化物(NOx)を安定して浄化する。組み合わされるトランスミッションは6速スポーツモードATだ。

パジェロ譲りの4WDシステム

サスペンションはフロントにダブルウィッシュボーン式を採用。アッパーフレーム取り付け部を上方に設定したハイマウントタイプとすることで、ストロークを確保して接地性と乗り心地の向上を実現。リヤサスペンションは強度を確保しながら軽量化したリーフスプリングを採用し、大径のショックアブソーバーと共に快適な乗り心地を実現している。

4WDシステムは三菱自動車独自のSS4-Ⅱシステムを採用。4WDモードは後輪駆動の「2H」、フルタイム4WDの「4H」、センターデファレンシャル直結の「4HLc」、さらに、よりローギアの「4LLc」の4種類が選択可能。100km/h以下での走行中にダイヤル式のセレクターで4WDモードを変更することができ(4HLc↔︎4LLc切換は停止時のみ可能)、センターデファレンシャルには、前40%、後60%に駆動力を配分し、トラクション性能とコーナリング性能を両立するトルク感応式LSDを備えている。

また、それぞれの4WDモードに対応する7つのドライブモードも搭載。すべての4WDモードに設定されている「NORMAL」モードをはじめ、2Hには「ECO」、4Hに「GRAVEL(未舗装路)」、4HLcにトラクション性能を引き出す「MUD(泥濘)」と「SAND(砂地)」、4LLcには「ROCK(岩場)」モードが設定され、あらゆる路面で最適なドライブモードの選択が可能だ。

さらに、コーナー内側の前輪に弱くブレーキをかけることで旋回性を向上するアクティブヨーコントロール(AYC)を新たに採用。空転している車輪にブレーキをかけて路面をグリップしている車輪に駆動トルクを分配し、滑りやすい路面での安全性が向上すると共に、スポーティな運転を楽しむことができるアクティブLSD(ブレーキ制御タイプ)をあわせて採用することで、大柄なボディでも意のままの走行性を実現させている。

その他、下り坂で一定のスピードを保持して安心して走行することができるヒルディセントコントロール(HDC)や坂道発進での後退を防止するヒルスタートアシスト(HSA)も採用している。

デザインコンセプトは「BEAST MODE」

「BEAST MODE」(勇猛果敢)はパワフルで力強いデザインを目指すコンセプトで、ピックアップトラックに求められるタフさや力強さに加え、堅牢さを持ちながらも俊敏さも併せ持つ堂々とした佇まいを表現。

水平基調のボディサイドは、ドアの厚みを演出する張りのある大きな面で構成しながら、シャープに張り出したフェンダー造形とのコントラストで引き締め、より幅広く見せることで安定感と強靭さを強調している。フロントはダイナミックシールドを力強く立体的なグリルからフェンダーに繋がる力強い造形、それを強調するプロテクターでピックアップトラックに最適化した。

エアロダイナミクスを向上させたキャビン形状や大型化して握りやすく耐久性を高めたドアハンドル、幅を広げて水はけを良くしたサイドステップなど、各所に機能的なデザインを取り入れ実用性を高めている。

デイタイムランニングランプは3連のL字型LEDランプを配して猛禽類を思わせる眼光鋭い造形とし、その下に立体的な3眼プロジェクター式のヘッドライトを組み合わせることで、圧倒的な存在感とたくましさを感じさせるデザインとした。

リヤは十分な荷台サイズを確保しながら、サイドから続く張りのある面を後端まで回し、両端にT字型のテールランプを配してワイド感を強調させるとともに厚みを持たせたリヤ周りを演出している。

手袋着用でも操作可能なスイッチ類

インテリアは走行時の車体姿勢の変化をつかみやすい水平基調で力強い造形の「ホリゾンタル アクシス」コンセプトを進化させたインストルメントパネルを採用。プロフェッショナルユースを意識した乗員を保護するためのソフトパッドを要所に採用し、実用性を確保しながら幾何学的な造形とメタリックを多用したハイコントラストでモダンな空間としている。

モニターやメーター、メタリックとブラックでコントラストをつけたスイッチ類は視認性にこだわり、ダイヤルやスイッチ類は手袋をしたままでも確実に操作ができるよう程よい節度感を実現。ステアリングホイール、グリップ、ドアハンドル類は「三菱タッチ」という考え方に基づき、握り心地やたくましさを追求したデザインになっている。

フロントシートは腰回りをしっかりサポートし、肩付近は動きやすく開放的な形状とすることでドライバーの疲労を軽減。着座位置が高くアップライトな乗車姿勢とし、室内からの視認性を確保しながら、立たせたフロントピラーによる広いドア開口部、さらに幅広く滑りにくいサイドステップを採用することで良好な乗降性を実現させている。

この他、衝突被害軽減ブレーキシステムなどの先進安全装備や、コネクティッドサービス「MITSUBISHI CONNECT」を採用して安全性や快適性も向上。さらに幅広いアクセサリーのラインアップでユーザーの冒険心をくすぐり、アウトドアアクティビティの可能性を広げるモデルだ。

GSR(ボディカラーはホワイトダイヤモンド)
サイドドアガーニッシュなど豊富なオプション用品でカスタマイズが可能だ

価格

トライトン 関連記事
三菱 関連記事
三菱自動車 公式サイト

自動車技術会
ページのトップに戻る