三菱 コンパクトSUV「RVR」を一部改良し安全装備を充実

三菱自動車は2021年7月15日、コンパクトSUV「RVR」の安全装備を充実させるなど、一部改良し発売しました。

RVR「G」

主な改良点は、「G」、「ブラックエディション」には、これまでメーカーオプションであった後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト付)[BSW/LCA]、後退時車両検知警報システム[RCTA]を標準装備化し、安全装備を充実させています。

エクステリアでは、パールの白い輝きと金属のような陰影を併せ持つ、三菱独自の高輝度塗装であるホワイトダイヤモンドを有料色として新たに設定しました。

インテリアは、「ブラックエディション」に装着されているコンビネーションシートの座面とシートバックのスウェード調素材に撥水機能を追加することで、シートを汚れにくいように改良。またフロアコンソールボックス後席側に充電用USBポート(Type-A/C)を追加し、後席乗員がスマートフォン等の電子機器を充電しやすくしています。

価格

三菱 RVR 関連記事
三菱 関連記事
三菱自動車 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る