三菱 安全装備を強化した特別仕様車「eKクロス スペースT Plus Edition」を発売

三菱自動車は2021年11月11日、軽自動車スーパーハイトワゴン「eKクロス スペース」に、安全装備や機能装備を充実させて買得価格とした特別仕様車「T Plus Edition」を設定し、12月16日から発売すると発表した。

この特別仕様車はターボエンジンを搭載する上級グレード「T」をベースに、クルマの全周をルームミラー内のモニターに表示して、車両周囲の障害物の位置をチェックできるマルチアラウンドモニター(移動物検知機能付)と、自動防眩ルームミラーを標準装備し、安全性を向上。

またメーカーオプション設定の、運転席側電動スライドドア(イージークローザー付ハンズフリーオートスライドドア)と、車内の空気を循環させるリヤサーキュレーター(プラズマクラスター付)や日差しを遮るリヤロールサンシェードなど、後席の使い勝手や快適性を高める後席パッケージAを標準装備としている。

さらに専用ディーラーオプションとして、車内外の視認性を高め、白く鮮やかな光が上質感を演出するLEDパッケージを設定している。

また2021年11月1日から、ディーラーオプション・プレゼントキャンペーンが実施されている。2022年1月31日までに「eKクロス スペース」(「T Plus Edition」含む)、「eKクロス」、「eKスペース」を新購入契約した人に、ディーラーオプション7万円分(消費税込)がプレゼントされるというキャンペーンだ。

価格

三菱 eKスペース 関連記事
三菱 関連記事
三菱自動車 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る