マツダ「スクラムトラック」を一部商品改良

マツダは、高い実用性などで好評を得ている「マツダ スクラムトラック」を一部商品改良し、全国のマツダの販売店を通じて本日11月22日より発売を開始した。

マツダ「スクラムトラック」を一部商品改良

今回の一部商品改良では、助手席エアバッグ、助手席シートベルトプリテンショナー、4W-ABSを全機種で標準装備するなどの安全性が高められたほか、グローブボックスの大型化、アクセサリーソケットを全機種で標準装備、CDプレーヤー(AM/FMラジオ付)を2DINサイズへ変更(「KX」のみ)など、車室内の使いやすさも向上している。また、快適装備が充実した「KX」に5MT車が追加されている。価格は84万4560円〜120万5280円。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る