マツダ「スクラム」シリーズ一部改良 安全装備を充実させ発売

マツダは2022年4月14日、軽乗用車「スクラムワゴン」と軽商用車「スクラムバン」、「スクラムトラック」を一部改良、装備の拡充を行ない発売した。なお、スクラム・シリーズはスズキ エブリイ、キャリイのOEMモデル。

スクラムワゴン  「PZ TURBO SPECIAL(2WD)」

今回の改良で、スクラムワゴンはリヤルームランプをLEDに変更したほか、オーバーヘッドシェルフの採用、「PZターボスペシャル」には本革巻きステアリングを追加するなど、装備を充実させている。

スクラムバン  「PAスペシャル」

スクラムバンは、4速AT車にアイドリングストップシステムを追加した。またラゲッジルームランプをLEDに変更している。「バスター」にはディスチャージヘッドランプを標準装備とするなど、安全装備を充実させている。

スクラムトラック

スクラムトラックは、3速AT車を4AT車に変更するなどにより、燃費をWLTCモードで15.7km/L(2WD/4速AT)と現行車比で10.5%向上させている。また4速AT車にアイドリングストップシステムを追加した。

なお軽乗用車「スクラムワゴン」全機種、軽商用車「スクラムバン」、「スクラムトラック」一部機種は経済産業省や国土交通省が普及を推進する「サポカーS ワイド」、国土交通省による「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS2)認定車」に該当している。

価格

スクラムワゴン :156万9700円~192万9400円(税込み)
スクラムバン  :99万1100円~151万9100円(税込み)
スクラムトラック:88万2200円~133万3200円(税込み)

マツダ スクラムバン 関連記事
マツダ スクラムワゴン 関連記事
マツダ スクラムトラック 関連記事
マツダ 関連記事
マツダ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る