マツダ 「マツダ2ハイブリッド」を2022年春からヨーロッパに導入

マツダは2021年12月6日、「マツダ2ハイブリッド」を2022年春からヨーロッパ市場に導入すると発表した。導入する「マツダ2ハイブリッド」は、従来のマツダ2とはまったく別のモデルで、トヨタ・モーター・ヨーロッパで生産されるトヨタ ヤリス ハイブリッドのマツダ・ブランドのOEMモデルだ。

そのため、「マツダ2ハイブリッド」はヤリス・ハイブリッドと同様に1.5LエンジンをTHS-Ⅱを組み合わせたハイブリッド車だ。

トヨタとマツダは、2015年の業務提携に向けた基本合意以降、先進技術開発、合弁工場、販売金融など様々な分野で協業しており、今回のトヨタハイブリッド車OEM供給はそのひとつとなる。

マツダとしては、ヨーロッパにおける企業平均燃費=CO2排出量を削減するための重要なモデルと位置づけている。また、日本からの輸送ではなく、フランス工場(TMMF)から供給を受けるため、輸送コストを大幅に削減できることもメリットになっている。

マツダ マツダ2 関連記事
マツダ 関連記事
マツダ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る