MAZDA「CX-8」大幅商品改良で新グレードや特別仕様車も登場

マツダは2022年11月2日、3列シートのクロスオーバーSUV「CX-8」を大幅商品改良し、受注を開始した。発売、デリバリーの開始は12月下旬からの予定となっている。

新登場のSports Appearance

CX-8は2017年にデビューし、大幅な商品改良は今回で4度目となる。CX-8は、2代目のCX-5のプラットフォームをベースに、アメリカ仕様のCX-9の組み合わせた3列シートのミッドサイズのクロスオーバーSUVで、日本市場がメインとなっている。3列シートとすることでミッドサイズのミニバン指向のユーザー層をカバーできるポジションになっている。

最上級のExclusive Mode

今回の大幅商品改良ではデザインの見直し、ラインアップの変更と特別仕様車の追加、そして乗り心地の向上など快適性を高めている。

Smart Editionをベースにした特別仕様車「Grand Journey」

デザイン面では、プレミアム感をより高めるためにフロント&リヤバンパーの形状の変更、フロントグリルのグリル・デザインの変更、そしてフロント、リヤのランプ形状の変更を行なっている。

また新たにCX-60から導入された「匠塗TAKUMINURI」カラーの「ロジウムホワイトプレミアムメタリック」(+5万5000円。従来のスノーフレークホワイトパールマイカは廃止)が追加されている。

グレード展開では、これまでのLパッケージ、PROACTIVEは廃止され、最上級のExclusive Mode、ライフスタイルの幅を広げるスポーティなブラック・アクセントを強調したSports Appearanceの追加と従来からのBlack Tone Edition、そしてAWD専用の特別仕様車となるGrand Journeyを新設定。Grand JourneyはSmart Editionグレードをベースに、専用の内外装としている。エントリー層向けとしてSmart Edition、、ベースモデルの25S、XDという展開となっている。

その他に、ガソリン車にはノーマル、スポーツの各モードを選択できるモード・スイッチとして「MAZDA INTELLIGENT DRIVE SELECT(Mi-DRIVE)」を追加。Grand Journeyはオフロード・モードを加えた3モードとなっている。

サスペンションは前後ダンパーの減衰力の見直し、リヤ・スプリングのレートを下げることで2、3列目のシートの乗り心地を向上。またフロントシートは、より骨盤の支持を向上させたシートを採用している。

運転支援システムでは、アダプティブLEDヘッドライトの性能向上、クルーズコントロールとしてクルージング&トラフィック・サポート(CTS)を採用している。

価格

CX-8シリーズ:299万4200円~505万8900円(税込み)

Exclusive Mode
Sports Appearance
Grand Journey

マツダ CX-8 関連記事
マツダ 関連記事
マツダ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る