マツダ「CX-60」e-SKYACTIV D(6気筒ディーゼル+マイルドハイブリッド)販売スタート

マツダは2022年9月15日、新開発したフロント縦置きエンジンのラージサイズ・クロスオーバーSUV「CX-60」のe-SKYACTIV D(6気筒ディーゼル+マイルドハイブリッド)搭載モデルの販売を開始した。なお、その他モデルは12月以降の販売が予定されている。

新型CX-60は、6月24日から予約受注を開始しており、現時点までの約2か月半で月販計画台数の4倍を超える8726台を受注したという。また予約受注の内訳では、8割が直列6気筒ディーゼルエンジンを選択しているという。

先行注文をした顧客層は、CX-5やCX-8からの買い替えなどマツダ車ユーザーの乗り換えが57%、他メーカーからの乗り換えが43%で、その内20%が輸入車からの乗り換えだ。また、年齢層は幅広く、34%が30代以下の若い層という特徴がある。

なおマツダの日本における月販計画台数は2000台/月としている。

価格

マツダ CX-60 関連記事
マツダ 関連記事
マツダ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る