マツダ 新型「CX-60」初のプラグインハイブリッド 欧州で受注スタート

マツダ・ヨーロッパは2022年3月9日、縦置きエンジン/FR駆動のラージ商品群第1弾となる新型クロスオーバーSUV「CX-60」をヨーロッパで初公開した。

マツダは、より上級の縦置きエンジン/トランスミッションの新型プラットフォームを採用するラージ商品群として、CX-60、CX-70、CX-80、CX-90が登場することを予告してきた。最もサイズが大きいCX-90はワイドボディ・3列シート・モデルでアメリカ市場を想定し、それよりやや幅狭/3列シートのCX-80はヨーロッパ、日本市場向け、ワイドボディ/2列シートのCX-70はアメリカ市場向けとされ、今回発表されたCX-60はミッドサイズの2列シートで、ヨーロッパ、日本市場向けとされている。

このラージ商品群はいずれのモデルも縦置きエンジン用の新開発プラットフォームで、直列6気筒のガソリン、ディーゼルと4気筒+プラグインハイブリッドが搭載されることになっている。

今回発表された第1弾モデルのCX-60は、マツダ初となる2.5Lの4気筒ガソリンエンジン+プラグインハイブリッド仕様「e-SKYACTIV PHEV」で、システム総合出力は327ps/500Nmと発表されている。なおバッテリー電力のみで60km走行できる。搭載されるバッテリーの容量は17.8kWh。モーター出力は100kW(136ps)と強力だ。

駆動システムはFR駆動とAWDを設定。AWDは前輪もシャフト経由で駆動される。トランスミッションは8速ATを搭載している。

ボディサイズは、全長4745mm、全幅1890mm、全高1680mm、ホイールベース2970mmで、BMW X5よりわずかに小さいものの、グローバル・ミッドサイズとなっている。

デザインは、先に発表されたアメリカ専用モデルのCX-50と同様に「魂動デザイン」のフェイズ2を採用し、インテリアも日本の美意識を取り込んだ上質なテイストでまとめているという。

サスペンションはフロントがダブルウイッシュボーン、リヤはマルチリンク式を採用。電動パワーステアリングはデュアルピニオン式としている。

環境・安全性能を備えながら、日常の一般道走行から高速道路を使った長距離ドライブまで、余裕をもってドライブを楽しむことができるクロスオーバーSUVとされている。

この新型CX-60は、ヨーロッパでは3月8日から受注を開始しており、今夏に発売予定としている。なお日本仕様は4月上旬に発表されることになっている。

マツダ 関連記事
マツダ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る