「マツダ 6」商品改良で20周年特別仕様車と新グレード登場

マツダは2022年12月9日、セダン/ステーションワゴン「マツダ6」の商品改良を行なうともに、初代アテンザ/マツダ6の誕生から20周年を記念した特別仕様車「マツダ6 20th アニバーサリーエディション」などを追加して発売した。デリバリーは12月下旬からが予定されている。

マツダ6 20th アニバーサリーエディション

なお現行のマツダ6は2012年にアテンザとしてデビューし、2019年にマツダ6に車名を変更しており、今回はデビューから数えて7回目の商品改良となっている。

今回の商品改良では、新たな特別仕様車「マツダ6 20th アニバーサリーエディション」を設定したことと、新グレードの「Sports Appearance(スポーツアピアランス)」を追加している。

特別仕様車「マツダ6 20th アニバーサリーエディション」

2002年5月に初代アテンザが誕生してから20周年を迎えることを記念した特別仕様車。
ボディカラーは、マツダ独自の塗装技術「匠塗TAKUMINURI」による特別塗装色第4弾となる新色、アーティザンレッドプレミアムメタリックをこの特別仕様車の専用色として国内初採用している。なお「匠塗TAKUMINURI」第3弾のロジウムホワイトプレミアムメタリックも選択できる。

新カラーのアーティザンレッドプレミアムメタリックは、光の当たるハイライト部では、きめ細かく透明感のある赤が鮮やかに光り、陰影部は深みと濃厚さを演出するハイコントラストの上質な深いレッドとなっている。

マツダ6 20th アニバーサリーエディションは、「XD L Package」がベース車で、特別な装備を採用している。

エクステリアでは、フロントフェンダーバッジ(20th アニバーサリー専用オーナメント)、フロントグリル(シルバー塗装)、19インチアルミホイール(高輝度塗装・専用装備)を装備。

インテリアは、フロントシートヘッドレスト(20th アニバーサリー専用エンボス加工)、インスツルメントパネル/ドアトリム(タンカラーの高級合皮)、シート(ナッパレザー/タンカラー高級合皮)、インスツルメントパネル/ドアトリム加飾(マットブラウンヘアライン)の仕上げとなっている。

さらに特別装備として電動スライドガラスサンルーフ(チルトアップ機構付)を標準装備としている。

新グレード「Sports Appearance」

CX-5などにも設定されている「Sports Appearance」は、ブラックメタリック塗装の19インチ・アルミホイール、ドアミラーカバー(グロスブラック)、そして新たに前後シグネチャーウィング、フロントバンパーロアガーニッシュ、ルーフレールをブラックで統一したスポーティなエクステリアとなっている。

マツダ6 ワゴン Sports Appearance
マツダ6 セダン Sports Appearance
Sports Appearanceのインテリア

シリーズ全体の商品改良は、スカイアクティブ D 2.2のエンジン出力とトルクを向上させ、より高回転域まで伸び、アクセルペダル踏力変更により走りのコントロール性を向上させている。

また全機種でパワーステアリングのアシスト特性を変更し、ステアリングの手ごたえを増し、操舵フィールを向上。

運転支援機能ではクルージング&トラフィック・サポートを新たに採用し、追従走行とステアリングアシストにより渋滞時の運転をサポートできるようになった。

細部では、ワイヤレス充電(Qi)&ワイヤレス接続機能(Apple CarPlay対応)を新採用。
ボディカラーは、新たにロジウムホワイトプレミアムメタリック、プラチナクォーツメタリックの2色を追加。

そして「L Package」ではシートカラーのバリエーションを変更し、ブラックナッパレザーをオプション設定している。

価格

マツダ6:296万2300円 〜 473万9900円
(マツダ6 20th アニバーサリーエディションでアーティザンレッドプレミアムメタリックを選択した場合の価格:473万9900円)

マツダ6 関連記事
マツダ 関連記事
マツダ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る