マツダがグランツーリスモ7でeスポーツ大会を開催

マツダは2022年10月17日、自動車免許の有無にかかわらず、幅広い年齢層の人々にレースを通じてクルマを操り、走る歓びを感じてもらうことを目的に、PlayStation5、PlayStation4用ソフトウェア「グランツーリスモ7」によるeスポーツ大会「MAZDA SPIRIT RACING GT CUP 2022」を開催すると発表した。

マツダは「倶楽部MAZDA SPIRIT RACING」を立ち上げ、モータースポーツをより身近な存在とし、多くの人が気軽に楽しめるようにスピードスポーツを盛り上げていくことを目指し、すでにスーパー耐久レース・シリーズなどに参戦している。

さらにモータースポーツの裾野の拡大に貢献し、モータースポーツの文化を発展させることを目的に、2023年からチャレンジプログラムも実施することになっている。

こうした活動の一環として、eスポーツ大会「MAZDA SPIRIT RACING GT CUP 2022」を開催することになった。

クラス分けは、18歳以上の人が対象の「Challenge Class」と、6歳以上17歳以下のヤングドライバーを対象とした「U-17 Class」の2クラスとなっている。

なお、「Challenge Class」で優秀な成績を収めた人には、リアルモータースポーツへの挑戦イベントに招待し、バーチャルの世界からリアルの世界へ挑戦する機会を提供する予定としている。

「MAZDA SPIRIT RACING GT CUP 2022」公式サイト:https://www.mazda.com/ja/innovation/digital-motor-sport/esports-challenge

マツダ 関連記事
マツダ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る